長期投資

バフェットが購入した日本の商社株5社。私も久しぶりに日本の株式を買った

バフェットはアメリカ株式市場の「浮ついた動き」に参加していない。株価の動きだけを見て売った買ったを繰り返す投機に背を向けて、「良い会社を安い値段で買い長期で保有する」という伝統的なバリュー投資をじっくりと進めている。そのバフェットだが、2020年8月30日に日本の5つの商社株を保有したと報道された。(鈴木傾城)

出口戦略は考える必要はない。金の卵を生むガチョウの腹を切り裂くな

株を安く買って高く売るものであると考えていると「出口戦略」が必要になる。出口戦略というのは「いつ売るか?」という部分を指す。 もし、アメリカの高配当優良企業に投資しているのであれば、実のところ「出口戦略」はまったく必要ない。なぜなら、こうした企業の株式は安定的に配当が入り、さらに配当額は増えていくことが確約されているからだ。 アメリカには30年以上に渡って連続配当しているどころか、30年以上に渡っ […]