組織

組織に所属するのではなく「インターネットに所属する」のがこれからの標準に

「組織に所属して生きる」というスタイルがアテにならなくなっている。組織はもう雇用者を最後まで守らない。途中で使い捨てする。利益重視の経営のために雇用者の賃金も最低賃金に収斂させようとしていく。組織にしがみついて生きるメリットが薄れている。時代はとっくの前に変わってしまっている。だから、若年層から新しい生き方が生まれているのだ。(鈴木傾城)