社会

戦後最悪のマイナス成長。大不況は、残酷な競争といじめの社会を出現させる

コロナによって経済環境が著しく悪化し、人々は激しい経済競争にさらされる。自分が生き残るために手段を選ばない社会が来る。これが突き進んでいくと、仲の良い同僚や仲間を蹴落としても自分が生き残る能力が求められる。うかうかしていれば、自分が食えなくなるからだ。(鈴木傾城)

単身世帯の増加、離婚の増加、孤独死の増加という社会現象の裏側とは?

総務省の国勢調査によると日本人の「生涯未婚率」は、2015年の段階で男性約23%、女性約14%になっていることが分かっている。生涯未婚率とは「50歳まで一度も結婚したことがない人」を指す。彼らはずっと単身世帯である。 離婚率も35%なので、3組に1組は離婚している。さらに高齢化によってパートナーの死別によって単身世帯となる。あと、20年も経つと単身世帯は約4割を占めることになる。 現代社会の中では […]

今の時代は「モノを持たない方が生きやすい」時代になりつつあるのだ

インターネットが生み出したのは「シェア(共有)」経済である。私たちはすでに「情報をシェアする」という言い方を自然にするようになっているのだが、これは自分が知った事実を「みんなと共有する」という意味である。 かつてのように、自分の知り得た情報は独り占めにするのではなく、むしろ開示する方向に向かっている。なぜ「情報のシェア」が広く広がるようになったのか。 それは、インターネット時代になって汲んでも汲ん […]