日経平均

「令和の時代」に求められているのは日経平均38,915円87銭を超えていくこと

2019年10月22日。「即位礼正殿の儀」が行われた。私たちは天皇陛下の御言葉にある「叡智とたゆみない努力」を令和の時代に結実させなければならない。そのために、ひとつのターニングポイントとして、バブルの絶頂期である日経平均の最高値38,915円87銭を意識しなければならないのだ。このターニングポイントを超えて経済発展をすることによって、令和の時代は輝かしい時代になる。(鈴木傾城)

日経平均「3万8915円87銭」の呪い。令和はこの数字を超えていけるか?

平成とはどんな時代だったのか。それは「バブル崩壊に苦しんだ時代」であったと私は考えている。平成はバブル崩壊に始まり、バブルの処理で苦しみ、バブルの後遺症でダメージを受けていた時代だ。 「平成」という時代が終わろうとする今、この時代に何が起きていたのか振り返るのは重要なことだ。平成の苦境は、そのまま次の時代「令和」に引き継がれて、いよいよ日本の正念場になるからだ。(ダークネス:「令和」の時代が楽観的 […]

日本の株式市場が16%下落したら日本経済は未曾有の危機に直面するのか?

日本株はバブル時の最高値である日経平均3万8957年をいまだに突破できていない。すでにバブル崩壊から30年近く経っているのに、いまもなお2万円台をうろうろしているに過ぎない。 この2万円台も民主党政権時代に比べると2倍近く上がっているのでマシと言えばマシなのだが、それにしても30年近くも経っているのに、かつての高値を追い越す気配がまったくないというのは失望に値する。 今の日本の株式市場は一般的に、 […]