世界大恐慌

今回が「恐慌」ならば、1930年代の「世界大恐慌」と同じ道筋を辿るのか?

今、世界各国の中央銀行や政府は金融緩和と財政出動などによって経済を下支えしようとしており、金融市場に莫大な真水をじゃぶじゃぶと流し込んでいる。これを好感して株式市場も上昇している。株式市場的には「もう危機は去った」ような楽観論もあって、金融緩和による救済は株式を大量に持つ富裕層に恩恵をもたらしている。(鈴木傾城)