ミニマリズム

私たちは「空間」に高額を払っている。「4つの無駄を排除しろ」という考え方

トヨタの「カイゼン」はもちろん「改善」という言葉からきているのだが、これはトヨタの副社長にして技術者であった大野耐一氏が製造工程における効率化と合理化を推し進める手法としてトヨタに定着させたものだった。ところで、この大野耐一氏が推し進めたカイゼンの中で大きなウエイトを占めているのは「整理」と「整頓」であった。(鈴木傾城)

令和の時代、最初に経済的ダメージを与えるのが消費税10%という暴挙だ

2019年は「令和」という新時代を迎えることになる。この「令和の時代」は決して順風満帆ではない。 むしろ、日本は正念場に立たされる時代になる。はっきり言って、とても危険な時代だ。この「令和の時代」に、いよいよ少子高齢化の毒が回って回る。(マネーボイス:「令和」時代で日本は終わる。平成が放置した“少子高齢化”の時限爆弾を解除できるか?=鈴木傾城 ) 少子高齢化は日本経済に大きな淀んだ停滞感をもたらす […]