9/9ページ

9/9ページ

HYIPは関わった人たちを次々と地獄に突き落としている

最近、HYIP(ハイプ)と呼ばれる高利回りの商品が出回っていて、これに学生や高齢者を中心に、次々と被害に遭って社会問題化しつつあることをWBS(ワールドビジネスサテライト)が取り上げている。 HYIPは「High Yield Investment Program」の頭文字を取ったもので、これを日本語に訳すと「高利回り投資案件」というものになる。高利回りとはどれくらいの高利回りなのか。 HYIPには […]

株式の暴落に目を奪われていると大きなところで判断を誤る

この世で最も馬鹿げた預言は「将来、株式市場が暴落する」というものである。これが馬鹿げているのは、「将来、必ず天気が崩れて雨が降る」と言っているのと同じことを言っているからだ。株式市場は上か下にしか行かないのだから、下に行くと言っていればいつか当たる。それは別に預言でも何でもなく、単なる経済現象である。たとえば「将来、絶対に雨が降る」と預言している人がいたとする。その人の通り、いつか雨が降ったら、人 […]

史上空前の時価総額を享受しているアメリカの軍産複合体

オバマ大統領は2013年9月10日のテレビ演説で、「米国は世界の警察官ではないとの考えに同意する」と宣言した。もうアメリカは世界が混乱しようがどうなろうが、知ったことではないと言ったも同然だった。この当時、中東は2011年から始まった民主化運動の流れがシリアに波及しており、中東全域がめちゃくちゃになってしまっているところだった。 ここからイラク・シリア一帯は暴力の渦に巻き込まれてISISという狂気 […]

「金融資産は無価値になる。現物資産を買え」は単なる脅し

実物資産は、ゴールド、プラチナ、美術品、宝石のような、「そのもの自体に価値がある資産」を指す。ゴールドの指輪もダイヤモンドも立派な実物資産だ。金融資産と違って、実物資産は「形がある」ということからして人々に安心をもたらす希有な資産であり、それ自体には価値がない株式や債券のような「金融資産」とは違った安心感がある。 しかし、皮肉なことに実物資産が資産の中で一番「素人が手出しをしてはいけない資産」であ […]

世の中が大混乱したら、逆に実物資産の方が危うくなる理由

世の中が混乱したら、言うまでもなく貴金属や芸術品のような実物資産も二束三文になる。コレクター商品、稀少な宝石、デザインされた宝飾品、絵画、骨董品、高級自動車……。 こういったものはすべてガラクタになる。まず第一に、世の中が混乱に見舞われたら、実物資産に価値を見出す人はいない。買い手が突如として消えるのだ。つまり売る側が弱者になる。 実物資産を持った人がそれでも売りたいという話になれば、足元を見られ […]

東南アジアの株式市場で起きていた「はめ込み」と収奪の歴史

東南アジア圏も、インド圏も、かつては「旅行」だけの関心だったが、今は「投資」という観点がここに加わり、注目されるようになっている。 特に最近の東南アジアに関する話題と言えば、もう「投資」の関心だけに絞られていると言っていい。 2000年初頭のITバブルが崩壊したあと、ゴールドマン・サックスはBRICSという概念を作って投資家の資本を新興国に向けさせた。 さらにリーマン・ショック以降、2009年から […]

PTTという巨大企業。タイ株式市場の時価総額から見た企業規模

名実共に、タイ株式市場で最大の企業は何かと言われれば、この企業しかない。PTT、日本語で言えば「タイ石油公社」と呼ばれている企業だ。 「公社」と名付けられているを見ても分かる通り、株式のほぼ過半数をタイ政府(財務省)が保有しており、タイのエネルギー産業の要となっている。 このPTTの子会社である「PTT EXPLORATION AND PRODUCTION」、日本語で言えば「PTTエクスプロレーシ […]

過去の統計グラフで未来を語るな。ナシーム・タレブの嘲笑

ナシーム・ニコラス・タレブという数理系トレーダー上がりの大学教授がいる。 この教授に『まぐれー投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか』という書籍がある。これはとても重要な書籍だ。 簡単に言うと、「プロのトレーディングの成功は、ほとんどの場合、彼らのプロとしての腕前によるものではなく、まぐれにすぎない」という事実を論証したものである。 この書籍は、なかなか示唆に富んだいくつかの事実を皮肉をこめて書か […]

1 9