23/26ページ

23/26ページ

資本主義で生きているなら資本主義を徹底利用して生き残れ

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます) 株式市場が大暴落しているときに、優良企業の株式を大量に買えれば、後はもう何もしなくてもいい。 優良企業はせっせと成長して株式価値を上げていつしか暴落を取り返すし、配当もどんどん増配させて株主に報いることになるからだ。 リーマンショック以後の半年、ニューヨーク株式市場の多くの優良企業が売りに売られた。だから、40%も50%も暴落した株式が大量に存在 […]

資本主義から永遠に金を吸い取る方法は秘密でも何でもない

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)金を確実に手に入れるのには、別に強盗をしなくても、誰かを騙さなくても、24時間365日死ぬほど働かなくてもいい。もっと楽で確実で分かりやすく合理的な金儲けの方法がある。 どうするのか。これは秘密でも何でもない。「絶対に潰れない儲かっている超巨大企業から永遠に金を吸い取る」だけだ。何も難しいことは言っていない。裏も表もない。真意を読み取る必要もない。 […]

普通の人から金を毟り取る「弱肉強食の資本主義」で生き残れ

少し報告が遅れましたが、マネーボイスに私の書き下ろしの文章『資本主義ゲーム必勝法、あるいは「リボ払い」に感謝する貧乏人の罪=鈴木傾城』が掲載されております。関心のある方はどうぞお読みになって下さい。ちなみに、マネーボイスで私の記事をすべて読みたい方は、こちらからアクセスすると便利です。(鈴木傾城の記事一覧 | マネーボイス)書き下ろしの記事もいくつかありますので、まだ読んでいない方はどうぞお読みに […]

私が所有していたゴールドを売り払って満足した理由とは?

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)東南アジアや南アジアでは、今でも自国通貨よりもゴールドを信用している人々が大勢いる。国家や自国通貨が信用できない国に住んでいる人々は、ゴールドを身につけることによって、凄まじいインフレがきても、国家が崩壊しても、サバイバルできる。 なぜなら、ゴールドは世界中どこでも時価で売ることができるからだ。 ベトナムやカンボジアの自国通貨をアメリカで換金しよう […]

株式が暴落して人々が発狂状態になったときが絶好の買い場

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます) 外交の緊張、衝突、失敗は、グローバル経済に大きな動揺を引き起こす。その動揺は株式市場には暴落や暴騰のような形で現れる。通常の値動きとは違い、投資家の恐怖や楽観が大きく左右する。 たとえば、私たちは戦争の噂を聞く。戦争は外交の失敗から生まれる最悪の暴力的事象であり、最後には多くの死者と怪我人と破壊を生み出すものだ。 株式市場は一般的には企業の成長を […]

悲惨極まりない日本の未来を覚悟して、現実主義で生き残れ

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます) 河合雅司氏の『未来の年表〜人口減少日本でこれから起きること』は、今、日本に投資しているすべての日本人が読まなければならない最重要図書であると言える。 日本人はもう民族的に増えることがない。すでに日本人は減り始めている。そして、これから何が起きるのか『未来の年表』はそれを克明に記してくれている。 18歳人口が大きく減る。国立大学も倒産する。世帯数も […]

HYIPは関わった人たちを次々と地獄に突き落としている

最近、HYIP(ハイプ)と呼ばれる高利回りの商品が出回っていて、これに学生や高齢者を中心に、次々と被害に遭って社会問題化しつつあることをWBS(ワールドビジネスサテライト)が取り上げている。 HYIPは「High Yield Investment Program」の頭文字を取ったもので、これを日本語に訳すと「高利回り投資案件」というものになる。高利回りとはどれくらいの高利回りなのか。 HYIPには […]

金のうなる場所で勝ち馬に賭けるとは具体的にどうするのか?

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)現代の資本主義の総本山はアメリカの株式市場だ。史上最強の市場がそこにあり、地球に君臨する企業がそこにある。 日本人は日本で暮らし日本円で生きているので、あたかも世界の中心は日本のように感じるのだが、まったくそうではない。それはNY証券取引所と東京証券取引所の時価総額や売買代金を確認しても一目瞭然だ。 野村資本市場クォータリーが2016年11月末時点 […]

宗教を否定し神仏を信じないことで得られる3つの利点とは

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)現代の弱肉強食の資本主義の中では、宗教は信じない方が合理的だ。神も仏も最初から存在しないと割り切った方が、皮肉なことにうまく生きていける。 なぜなら、現代の資本主義は宗教をも支配下に置いており、宗教自体が「教祖や教団の金儲けの手段」と化しているからだ。教祖や教団が、信仰を金に変えている。 どこの宗教も同じだ。仏教も例外ではない。葬式でぼったくり、戒 […]

金が道ばたに落ちている状態は、再びやってくると断言する

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)100年以上にも渡って超長期で生き残った企業は、戦争も大不況も政治的混乱も市場暴落も越えて生き残ってきたと言っても過言ではない。 地獄を生き延びた超長寿企業30社は今後も充分に投資対象だ こうした企業の中には、今もまだ巨額利益を叩き出して生き残り続ける企業も多い。これは、その企業が「長続きするビジネスと企業体質を持っている」ということに他ならない。 […]

何も持たない状態から再起できるのか。答えは「イエス」だ

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)どんな平穏な人生を送っている人であっても、失職や病気や家庭の不和や転職の失敗やその他さまざまな理由で、転落して無一文になることがある。 人生はいつどこで何が起きるのか予測できない。 平穏な人であってもそうだから、個人事業主や事業家や経営者であれば、なおさら賭けや読みの間違いで、資産を一瞬にして吹き飛ばすことが往々にしてある。 将来は誰にも分からない […]

専門家を憐れみマスコミを嘲笑せよ。呪縛は自分で解き放て

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)2015年から2016年の2年間、原油価格(WTI原油先物)は暴落につぐ暴落で、一時期は1バレル30ドルをも割り込んで下落していき「もう石油は駄目だ」と専門家もサジを投げた。 普段は偉そうに大言壮語してあれこれ分析している専門家が言葉を濁すようになり、関わりたくないように話題を避けるようになり、意気消沈する頃になると、企業業績も相当ダメージを受けて […]

予測に基づかないで資産を増やす抜け道はどこにあるのか?

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)「イギリスのEU離脱はない」「ドナルド・トランプの勝利はない」と言っていたマスコミや解説者が、「2017年はこんな年になる」と言っても真剣に話を聞くだけ無駄だ。 また、今後は円高になるのか円安になるのかを占うのもこの上なく馬鹿げたことだ。 たとえば、ミスター円だか何だかと言われている榊原英資という官僚あがりの大学教授は、2016年の9月に「年末にか […]

ソロスは「豚のように食い漁って何が悪い?」とうそぶいた

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)現在の銀行の金利は5年ものの定期預金であったとしても、たかが0.02%あたりである。 これはどういうことかというと、仮に1000万円を預けても年間2000円にしかならないということだ。2000円でも何かモノが買えるのだから意味がないというわけではない。 しかし、1000万円を1年間も拘束されて2000円しかくれないというのであれば、多くの人が不満に […]

予測せず、愛を囁き合っている間に資産は膨れ上がっていた

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)このメルマガを読んでいる人の大半はここ1ヶ月で資産を20%から50%近く増やしているはずだ。 なぜなら、アメリカの株式市場はトランプが次期大統領に決まってから一気に上昇し、さらに10円以上もの円安の恩恵も受けているからだ。 資産が1000万円の人であれば数百万レベルを一気に手に入れたことになるわけで、実際に「220万円のクリスマスプレゼントになりま […]

資本主義のこの仕組みを理解しないと踏みにじられるだけだ

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)日本人の平均年収は国税庁の民間給与実態統計調査を見ると約6割は400万円「以下」となっている。大企業の社員や一部の公務員をのぞくと年収300万円台というのは珍しくないし、驚くべきことではない。 今や年収300万円台が最頻値であり、それが普通であると考えるべきなのだ。これは年収だから、人々は1年間かけて必死で働いてこの金額を稼ぐ。 ところで、あまり誰 […]

1 23 26