鈴木 傾城

14/17ページ

金が道ばたに落ちている状態は、再びやってくると断言する

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)100年以上にも渡って超長期で生き残った企業は、戦争も大不況も政治的混乱も市場暴落も越えて生き残ってきたと言っても過言ではない。 地獄を生き延びた超長寿企業30社は今後も充分に投資対象だ こうした企業の中には、今もまだ巨額利益を叩き出して生き残り続ける企業も多い。これは、その企業が「長続きするビジネスと企業体質を持っている」ということに他ならない。 […]

何も持たない状態から再起できるのか。答えは「イエス」だ

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)どんな平穏な人生を送っている人であっても、失職や病気や家庭の不和や転職の失敗やその他さまざまな理由で、転落して無一文になることがある。 人生はいつどこで何が起きるのか予測できない。 平穏な人であってもそうだから、個人事業主や事業家や経営者であれば、なおさら賭けや読みの間違いで、資産を一瞬にして吹き飛ばすことが往々にしてある。 将来は誰にも分からない […]

専門家を憐れみマスコミを嘲笑せよ。呪縛は自分で解き放て

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)2015年から2016年の2年間、原油価格(WTI原油先物)は暴落につぐ暴落で、一時期は1バレル30ドルをも割り込んで下落していき「もう石油は駄目だ」と専門家もサジを投げた。 普段は偉そうに大言壮語してあれこれ分析している専門家が言葉を濁すようになり、関わりたくないように話題を避けるようになり、意気消沈する頃になると、企業業績も相当ダメージを受けて […]

予測に基づかないで資産を増やす抜け道はどこにあるのか?

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)「イギリスのEU離脱はない」「ドナルド・トランプの勝利はない」と言っていたマスコミや解説者が、「2017年はこんな年になる」と言っても真剣に話を聞くだけ無駄だ。 また、今後は円高になるのか円安になるのかを占うのもこの上なく馬鹿げたことだ。 たとえば、ミスター円だか何だかと言われている榊原英資という官僚あがりの大学教授は、2016年の9月に「年末にか […]

ソロスは「豚のように食い漁って何が悪い?」とうそぶいた

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)現在の銀行の金利は5年ものの定期預金であったとしても、たかが0.02%あたりである。 これはどういうことかというと、仮に1000万円を預けても年間2000円にしかならないということだ。2000円でも何かモノが買えるのだから意味がないというわけではない。 しかし、1000万円を1年間も拘束されて2000円しかくれないというのであれば、多くの人が不満に […]

予測せず、愛を囁き合っている間に資産は膨れ上がっていた

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)このメルマガを読んでいる人の大半はここ1ヶ月で資産を20%から50%近く増やしているはずだ。 なぜなら、アメリカの株式市場はトランプが次期大統領に決まってから一気に上昇し、さらに10円以上もの円安の恩恵も受けているからだ。 資産が1000万円の人であれば数百万レベルを一気に手に入れたことになるわけで、実際に「220万円のクリスマスプレゼントになりま […]

資本主義のこの仕組みを理解しないと踏みにじられるだけだ

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)日本人の平均年収は国税庁の民間給与実態統計調査を見ると約6割は400万円「以下」となっている。大企業の社員や一部の公務員をのぞくと年収300万円台というのは珍しくないし、驚くべきことではない。 今や年収300万円台が最頻値であり、それが普通であると考えるべきなのだ。これは年収だから、人々は1年間かけて必死で働いてこの金額を稼ぐ。 ところで、あまり誰 […]

日本円の貯金に頼っていると、悲惨な結果になることを知れ

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます) 私たちの日本社会のシステムは、実はもう存続できないというのが現実だ。人口は減り、高齢者が増え、子供が減っている。それによって国の活力は年々失われており、社会は立ち枯れ状態と化している。 「日本の人口は減っても問題ない。ロボットに何でもやらせればいい」と言っている人もいるが、実際はそこまで行く前に日本は破綻してしまう。 若年層は激しく税金を取り立て […]

トランプが大統領に決まって地獄の穴はどこに開いたのか?

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)ドナルド・トランプが次期大統領に決まって、株式市場は乱高下しているのだが、目先の動きはともかく長期的にはどう考えればいいのだろうか。 「あんな下品な男が大統領になったのだから、もうアメリカは終わりだ」と考えて、持っているアメリカの株式をすべて売り飛ばして逃げるべきなのだろうか。それとも、「何とかなるはずだ」と問題なく長期保有していいのか。 結論から […]

トランプ政治で暴落が来たら落ちるナイフを思いきりつかめ

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)今、多くの人がドナルド・トランプが大統領になったことで、「アメリカは成長するのか混乱するのか」という点を予測しようとしている。 はっきり言おう。予測は無駄だ。 トランプが大統領になるというのは誰にとっても番狂わせであったように、アメリカ経済についても今から何かを予測できることはまったくない。 確かにトランプは保護貿易に反対であるとか、中国に40%の […]

マリファナに関しては、これから信じられないことが起きる

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)元女優の高樹沙耶(益戸育江)は「医療用大麻の解禁」を謳って2016年の夏の参院選で立候補しているのだが、このときの記者会見ではこのように発言していた。 「医療用大麻は世界ではさまざまの医療機関で使われています。しかし、我が国では麻薬という誤解を受けており、研究すら難しいのが現状です。海外の立証が真実なら、私たちの国で行われていることは人権侵害にもつ […]

予測を超えたところで動いている資本主義の原点をつかみ取れ

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)現在の資本主義は、最終的には労働が生み出す価値よりも投資が生み出す価値の方が大きくなる。 いったん投資が軌道に乗って配当を生み出すようになると、それはどこまでも膨れ上がっていく。そのような仕組みになっている。それが資本主義最大の「原点」である。 ただし、この資本主義の「原点」を貫くには、継続して資産を持つという忍耐力と継続心が必要だ。つまり長い時間 […]

地獄で知る投資。資本主義に馴染めなかった人々の逆を突く

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)職業安定所と言えば、普通は「仕事を見つける場所」なのだが、大阪の貧困地区である西成区萩之茶屋の「あいりん労働公共職業安定所」は、仕事にあぶれた人がビニールシートを敷いて寝る場所になっている。 この職業安定所は二階に上がると、本当に何もないただっぴろい空間で、そこにも大勢のホームレスが寝ている。 日本広しと言えども、ホームレスが何十人も寝ている職業安 […]

良く知らないものに全財産を預ける奇妙な人間とは誰なのか

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)もし私たちが誰かに自分の持っている現金を一時的に預けなければならなくなったとき、よく知っていて信頼できる人に預けようと誰もが思う。 「まったく知らない人だが、外見が魅力的な人なので思い切ってあの人に現金を預けよう」と思う人はいるだろうか。恐らく皆無のはずだ。 「よく知らない外国から来た人だが、何となく気に入ったのであの人に現金を預けてみよう」と思う […]

デュポンは、アンダーグラウンドで育つ奇怪な多国籍企業だ

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)デュポンは1802年に株式上場した化学企業だ。 アメリカの南北戦争時、北軍と南軍の両方に弾丸を売って大儲けして以後、アメリカを代表する化学会社として君臨し、現在も年間25兆円以上もの売上を誇る凄まじい企業である。 今後、この企業はライバル会社だったダウ・ケミカルと合併し、さらに規模と売上と利益を拡大していくことになる。 この企業が株式上場した180 […]

阿鼻叫喚の暴落地獄に買い向かう時、この5つに気を付けよ

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)2001年9月11日、アメリカは同時多発テロに見舞われた。ワールド・トレード・センターは崩れ落ち、約1700人がこのビルの崩壊で犠牲になった。 ニューヨーク株式市場は一週間も閉鎖され、やっと市場が開くと怒濤の売りが殺到した。アメリカはテロ攻撃されて巨大な犠牲を出し、「もう金融市場は持たない。終わりだ」と誰もが悲嘆した。 折しもアメリカはその前年20 […]

1 14 17