巨大で大きな時代の「変わり目」に台頭している企業が次の巨人となっていく

巨大で大きな時代の「変わり目」に台頭している企業が次の巨人となっていく

飲食業界も、イベント業界も、航空業界も、鉄道業界も、宿泊業界も、遊戯業界も、映画業界も、デパート業界も、揃って存続の危機に落ちており、次々と赤字に陥り、体力のない会社が叩き落とされるかのように倒産している。世界はパンデミックによって一瞬で変化したのだ。しかし、こうした社会の激変の中で、すべての企業が崩壊の危機に瀕しているわけではない。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。まぐまぐ大賞2019メディア『マネーボイス賞』1位。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。(連絡先:bllackz@gmail.com)

「時代の変わり目」に生まれるビジネス

ベトナム戦争が終結したのは1975年だ。東南アジアが共産国化するのを防止するため、アメリカはベトナムに傀儡政権を作って、ソ連が支援するベトコンを殲滅しようと介入したのだが、思いもよらないベトコンの粘り腰に戦争は泥沼化した。

アメリカは戦争によって莫大な国費を浪費し、国内では反戦運動が吹き荒れ、政治家は信頼されなくなり、ボロボロになった挙げ句、1975年にベトナムから撤退せざるを得なくなった。

この時代、「アメリカの時代は終わった」と言われていた。戦争に負けてアメリカ人は失意のどん底に沈み、ドルも金本位制から離れてインフレが進み、家電や自動車も台頭しつつあった日本の企業に食い荒らされ、アメリカ企業は衰退していくばかりだった。

ところが、である。

このような時代に、マイクロソフトやアップルが誕生している。マイクロソフトの創業は1975年、アップルの創業は1976年だった。

当時は「パソコン」などは海のものとも山のものとも分からない「マニアのおもちゃ」レベルのものであり、その可能性は誰も理解できないものだった。しかし、この「よく分からないもの」が文明をも変えてしまう超巨大なビジネスとなり、世界を君臨することになっていくのだった。

「時代の変わり目」のところで生まれた「よく分からないビジネス」が、次の時代を決定づけたのだ。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

現代文明で最も重要なシステム

ところで、1990年代はマイクロソフトの時代だった。ちょうどこの時代、マイクロソフトとはまったく別のところで、ひとつのネットワークが勃興していた。

アメリカ政府が国防のために研究開発していた分散型のネットワーク「アーパネット」が民間で使われるようになり、「インターネット」として広がるようになり、モザイクというブラウザでつながれるようになった。このモザイクが後に「ネットスケープ」となっていく。

マイクロソフトのビル・ゲイツはすぐにインターネットの重要性に気づいて、全力でネットスケープを潰しにかかった。ビル・ゲイツはインターネットの入口となるブラウザを押さえればインターネットを独占できると考えた。

しかし、インターネットで最も重要だったのは「検索」の方だった。

広大で膨大なインターネットのコンテンツは、どんなコンテンツがどこにあるのか誰も辿り着けないほど広大だった。そのため、様々な「リンク集」が生まれたのだが、そのリンク集の最大手が「ヤフー」だった。

しかし、ヤフーは人力でリンクをまとめるサイトだった。そこに「コンピュータでサイトを回って、何かの言葉を検索ボックスに入力したらリストが出てくる」という発想をする会社がいくつか生まれた。

その中のひとつが「グーグル」だった。

「検索ボックスに文字を打ち込んでボタンを押したらリストが出てくる」というシンプルなシステムは、確かに便利なものだったが、後にそれが現代文明で最も重要なシステムになると想像できていた人はほとんどいなかった。

もっと人々が理解できていなかったのは、システムが無料で誰でも使えるというビジネスモデルだった。当時のグーグルは赤字の企業であり、システムは無料だった。

無料で検索エンジンを使わせて広告で運営を維持するというスタイルだったが、モノやサービスは「売って利益を出す」という従来のスタイルが堅実なビジネスであると思われていたので、無料で何でも使わせるというビジネスモデルはなかなか理解されなかった。

しかし、この「よく分からないもの」が文明をも変えてしまう超巨大なビジネスとなり、世界を君臨することになっていくのだった。

【ここでしか読めない!】『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーの購入はこちらから。

世界はパンデミックによって一瞬で変化

2020年。この年は「時代の変わり目」の年であるというのは誰もが理解しているはずだ。中国発コロナウイルスのパンデミックは全世界を変え、全世界を混乱に陥れている。人々はステイホームを要請され、外に出る時もソーシャルディスタンスを強いられている。

「集まるな、近づくな、閉じた空間にいるな」と言われ、今までの対人関係や対人距離は「やってはいけない」ものになってしまった。

欧米は、挨拶としてのキスや、ハグや、握手が一般的だったが、それが「感染の元」だと言われるようになり、さらにオフィスで集まって仕事をすることも、会議をすることも「避けるべきこと」になっていった。

レストランで和気藹々と食事することも、パーティーで集まって大声で騒ぐことも、すべて「危険行為」となった。飛行機に乗ることも、電車に乗ることも、ホテルに泊まることも、遊園地で遊ぶことも、映画館で映画を楽しむことも、デパートでショッピングすることも、すべて危険な行為と化した。

だから、飲食業界も、イベント業界も、航空業界も、鉄道業界も、宿泊業界も、遊戯業界も、映画業界も、デパート業界も、揃って存続の危機に落ちており、次々と赤字に陥り、体力のない会社が叩き落とされるかのように倒産している。

世界はパンデミックによって一瞬で変化したのだ。

しかし、こうした社会の激変の中で、すべての企業が崩壊の危機に瀕しているわけではなく、「よく分からないもの」が社会の片隅で芽を吹き出しつつあるのが興味深い動きでもある。

会社の事務所に行けない従業員は、自宅で仕事をするように要請されたのだが、そこで必要になっているのは「Web会議システム」だ。会社の管理職にある人々は決済のための署名やハンコが必要になっているのだが、そこで使われるようになっているのが「電子契約を管理するシステム」だ。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

今こそ、世の中をよく観察する必要がある

リモートワークを行わなければならない全社員は、「クラウド」上の様々なシステムにアクセスしなければならないのだが、そこで必要になっているのが「システムのパスワードの管理」や「セキュリティの管理」である。

さらに店舗販売を中心にビジネスをしていた企業は、インターネットでモノを売る方向に転換しているのだが、独自のブランドを生かすためには独自のサイトを作らなければならない。そこで必要になっているのが「ショッピングサイト構築システム」である。

そうしたサービスを提供する企業が、この半年で急激に台頭しつつある。

Web会議システムは「ZOOM」が台頭している。電子契約を管理するシステムでは「ドキュサイン」が台頭した。従業員が使うシステムのID・パスワードの一元管理のシステムでは「オクタ」が台頭している。

クラウド上のシステム管理では「ファストリー」が台頭している。ショッピングサイト構築システムでは「ショッピファイ」が台頭している。

他にも「ステイホーム・リモートワーク・ソーシャルディスタンス」という制約を乗り越えるための解決方法を提案する無数の企業が芽を出しており、ここ半年で一気に台頭するようになっている。

恐らく、この巨大で大きな時代の「変わり目」に台頭しているこれらの企業の中に、かつてのマイクロソフト、アップル、グーグルように世界に君臨するようになる巨大企業が隠れている可能性は十分にある。

つまり、これらの企業に着目し、株式を保有し、運が作用したら、大きな資産をもたらしてくれる企業が存在するということだ。

2020年はパンデミックによって全人類が危機に晒されている。しかし、時代の変わり目には、台頭する存在もある。あなたは、そうした存在の中から次の時代の巨人を見抜くことができるだろうか……。今こそ、世の中をよく観察する必要がある。

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

ビジネスカテゴリの最新記事