次の経済ショックは必ずやってくるので、底なしのリストラ地獄も同時に起きる

次の経済ショックは必ずやってくるので、底なしのリストラ地獄も同時に起きる

どこかの会社の正社員でいる人たちは今、その地位をいつか失うかもしれないと漠然と思い、不安を抱きながら生きている。当然だ。企業は冷徹になっている。次の業績悪化や経済ショックが、まさに自分の人生の転落になるかもしれない。どんな企業でも永遠に順風満帆というわけではない上に、経済的ショックも近づいてきているので、数年来のうちに「正社員」の誰もが人生の危機に陥っていく。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。(連絡先:bllackz@gmail.com)

遠からず大きな経済ショックが来る

日本はいつまで経ってもデフレから抜け出せない状態になっているのだが、そんなところに日本政府は消費税を引き上げるような政策をしたのだから、内需はますます停滞し、企業は生き残るために商品を薄利で売るしかなくなる。

グローバル化も止まらないのだが、グローバル化もまた世界で最も安く商品を作って流通させるものなので、企業は競争力を維持するために薄利で売るしかない。そうやって日本国内にはデフレは定着し、社会は停滞し、賃金は上がらない状態が続く。

そうした停滞が少子高齢化を悪化させているのだが、この少子高齢化もまた内需を停滞させる強大な「癌」である。

日本は二重にも三重にも経済の停滞要因が重なっている。こうした中で次の大きな経済ショックが襲いかかったら、日本経済は瀕死の状態になってしまうというのは誰でも想像できることである。

次の経済ショックは「必ず」やってくる。全世界の実質GDP成長率は停滞しているのに金融経済はデリバティブで大きく膨れ上がっているのだから、バブルはいずれ破綻してしまうのは当然のことだ。

アメリカの株価は、バフェット指数を見てもシラーPEレシオを見ても割高であることが分かるが、割高なものは何がきっかけがあれば吹き飛ぶのが世の中の掟(ルール)なのである。

いつ、それが吹き飛ぶのかは誰にも分からない。仮に実体経済に何らかのエンジンがかかって成長率が爆上げするようなことがあれば危機は回避できるかもしれない。しかし、今のところはそんな兆候はない。

そうであれば、遠からず大きな経済ショックが来るような状況になっているというのは覚悟しておくべきだ。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

用意も準備も何もないところで路頭に迷う

金融経済が破裂しても実体経済とは関係ないのではないかと思うかも知れないが、その逆だ。金融経済が破裂するとあらゆる業種の企業が大損失を受けるのだから、実体経済は「不況」という形で大きく巻き込まれる。

不況がやってくれば何が起きるのか。

モノがことごとく売れなくなるのだから、企業は収益悪化に耐えきれなくなりコスト削減を徹底的に行うことになる。企業にとって常に巨大なコストは「従業員」である。だから、コスト削減はすぐにリストラという形を取る。

金融経済が大きく破裂すると、すぐその後に、底なしのリストラ地獄が社会に襲いかかっていくのだ。次の経済ショックは、かなり大きな確率で「必ず」やってくるが、そうであればリストラ地獄もまた「必ず」やってくるということになる。

多くの人がリストラに巻き込まれる。

キャリアアップのために転職するのではなく、会社が傾いてリストラされる人は用意も準備も何もないところで路頭に迷う。

これだけでもかなりキツい状態だが、世の中が一気に不況になった場合、新しい仕事はなかなか見つからない。見つかっても条件の悪い仕事に安い給料でも妥協するしかなくなる。

それに耐えられなくなって再び転職することになると、さらに条件が悪くなっていく。そうやって、社会の荒波に揉まれて転がり落ちてしまう人が続出することになる。そして、日本には巨大な「アンダークラス層」が誕生することになる。

アンダークラス層というのは、『労働者階級の一部ではあるが、労働者階級としての基本的要件すら欠いているために、極端に貧困で、多くの困難をかかえる人々のこと』と早稲田大学人間科学部教授の橋本健二氏が定義している。

デフレが続いている今もアンダークラス層がじわじわと増えているのだが、この層が次の経済ショックで一気に増加する。

【ここでしか読めない!】『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーの購入はこちらから。

リストラが恒常的に行われていく

すでに日本の企業は終身雇用を維持できない経営になっているので、何もない今ですらもリストラは行われている。「お固い職業」と言われていた銀行員ですらも、次々とクビを切られている。

銀行はすでに超低金利時代の今では儲からなくなっている上に、紙や小銭のような手間のかかる「現金」の管理まで押しつけられていて非効率に四苦八苦している。今後も経済が縮小するたびに経営が悪化し、多くの地方銀行から潰れていくことになるだろう。

銀行だけではない。デフレも解決できず、内需の拡大も期待できない日本は、大きな経済ショックがなくても、リストラが恒常的に行われていくことになる。正社員であっても守られることはない。

どんなに抵抗しても、企業が社員のリストラをしやすい環境が整っていく。つまり、日本社会におけるリストラは、もはや些細な日常になっていくのだ。

そもそも、非正規雇用の拡大も「リストラしやすいようにするための施策」であった。企業は社員ではなく派遣労働者を中心に取るようになり、その派遣社員は企業の都合によって遠慮容赦なく切られていく社会になった。

マスコミは非正規雇用(派遣労働)を「ハケン」とカタカナで呼び、「新しい働き方」だとか「自分の自由な時間を持てる働き方」だとか言って若者を煽っていたが、マスコミが煽るものに乗ったら裏切られるのはいつものことだ。

これによって派遣を選んだ人々はまっさきに人生に躓いて、生活は不安定化して、どん底にまで転がり落ちていった。「格差」が問題になっていったのもこの頃だ。このとき、社員は「勝ち組」だと言われていた。

しかし、日本人の給料がグローバル経済から俯瞰したら非常に高いものだったので、次の標的は「社員のリストラ」になるのは目に見えていたのだ。

派遣切りでも間に合わないのであれば、次にリストラされるのは社員だ。だから今、社員が次々と会社からリストラされて叩き出されているのである。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

次の業績悪化や経済ショックで転落する

今後、企業が傾くたびに、そして少しでも業績が落ちるたびに、会社は社員を放り出すことになる。投資家も、株主も、経営者も、みんなリストラという名の人件費削減を支持している。

そして、それができる経営者を「決断力である」と捉えている。

こういった流れを見て分かる通り、すでに「正社員」という立場であっても未来はない。会社が何とか利益を出している時や好況の時は平穏かもしれないが、いったん赤字になったり不況が来たりすると、経営者はいそいで社員を会社から放り出す。

その間、残っている人間を猛烈に働かせるので、会社はどんどんブラック企業化していき、それでも人手が足りなければ、新しい社員を入れるのではなく非正規雇用者を取る。

どこかの会社の正社員でいる人たちは今、その地位をいつか失うかもしれないと漠然と思い、不安を抱きながら生きている。当然だ。企業は冷徹になっている。次の業績悪化や経済ショックが、まさに自分の人生の転落になるかもしれない。

どんな企業でも永遠に順風満帆というわけではない上に、経済的ショックも近づいてきているので、数年来のうちに「正社員」の誰もが人生の危機に陥っていく。

そうなった時、どんなに優秀であっても、その会社に貢献していたとしても、あっさりと正社員の地位を失う。それによって生活を崩壊させる人が増えて、日本ではアンダークラス層が拡大していく。

「底なしのリストラ地獄など起きるわけがない」とか「自分には関係ない」と思ってはいけない。環境の悪化はじりじりと忍び寄ってきている今、誰もが無事でいられるわけではない。社会が悪化すれば誰もが巻き込まれるものだ。

状況は危険になっている。

『アンダークラス 新たな下層階級の出現(橋本 健二)』。就業人口の15%が平均年収186万円。この階級の人々はどのように生きているのか? 若年・中年、女性、高齢者とケースにあわせ、その実態を明らかにする。

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

一般カテゴリの最新記事