少子高齢化と人生100年時代が組み合わさると、今の社会システムは崩壊する

少子高齢化と人生100年時代が組み合わさると、今の社会システムは崩壊する

厚生労働省は「日本人の人口は100歳を超えることになる」という試算の元で、社会システムを設計しようとしている。それを主導しているのが『人生100年時代構想会議』である。

首相官邸も深く関わっている『人生100年時代構想会議』は以下のような推計が報告されている。

『2007年に日本で生まれた子供の半数が107歳より長く生きる』

人生100年時代というのは、キリが良い数字だから100年と言っているのではない。本当に100歳以上生きる人が大量に出現するのである。

まだまだ私たちは今「人生は80年」と考えているのだが、医療が発達し、アンチエイジングの知識が広がり、人々が環境と健康に気を遣うようになった今、人生は90年を超えたり100年を超えるのは、すぐ目の前までやってきている。

だから、定年が60歳というのは政府にとって困るのである。年金の支払いが40年にも渡って延々と続く。しかも年金は賦課(ふか)方式になっており、現役世代が納めた保険料がその時の年金受給者への支払いになる。

少子高齢化と人生100年時代が組み合わさると、今の社会システムは崩壊するしかない。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

「老後は年金で悠々自適」はない

そこで政府は対策を考えている。どうするのか。政府と言えどもマジックが使えるわけではない。できる対策は言い方をどのように変えたとしても、以下の3つが大きな柱にならざるを得ない。

「年金の受給年齢をひたすら引き上げる」
「定年年齢をひたすら引き上げる」
「年金額をひたすら引き下げる」

この3つが意味するのは、どれも「老後は年金で悠々自適」は、破綻したも同然のライフスタイルになったということである。よほどの貯金がない限り、私たちは死ぬまで働くしかないとうのが現状なのである。

しかし、「死ぬまで働く」と言っても健康寿命が死ぬ直前まで保てるというわけではない。死ぬ前に働けなくなる期間が発生し、その間は年金と貯金で食い潰して生きながらえる必要がある。

だから政府は「2000万円必要」という試算を出した。

実のところ、年金というのはそれだけで生活を充足させることができるほどの額がもらえるわけではないので、貯金は十分にあった方がいい。寿命が100歳まで延びるような環境になるのであれば、なおさら貯金は必要になってくる。

還暦を迎える人の平均貯蓄額は2900万円なので、現実を見ると「2000万円の貯金が必要」というのは、それなりにリアリティのある数字に見える。

しかし、貯蓄額に「平均」は意味がないというのは、以前から繰り返し指摘されていることだ。

巨額の貯金を持った人間が一部に存在すれば、平均値は一気に上がって現実を映さなくなる。実際のところ「2000万円未満が67%」であり、その中でも貯金額100万円未満が一番のボリュームゾーンなのである。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

「高齢労働」という現実を突きつけられる

それでは、貯金100万円未満の人は、どうするつもりなのか。年金で食っていけないのであれば「身体が動くまで、働けるまで」、とにかく働くしかない。仕事が好きだとか嫌いだとか、そんなことを言っているような余裕などない。

カネがなければ働く。それしか選択肢が残されていないのである。

だから、プルデンシャル・ジブラルタ・ファイナンシャル生命の調査によると『還暦を迎えても働き続けたいという人は8割以上に及ぶ』という調査結果になっていくのである。

日本は昔から「勤労が美徳」という意識が強い。そのため『還暦を迎えても働き続けたい』という結果が圧倒的大多数になっている要因も、そうした日本社会の文化が大きく影響していると考えることもできる。

しかし、一方で土日を待ち望む労働者の姿や、次の休みを指折り数えている労働者の姿や、アーリーリタイアを望む労働者の姿や、仕事が嫌で鬱病になってしまう人たちの姿もある。

「いったい、いくら貯金があればアーリーリタイアできるのか」と計算する人も多く、そうした記事もよく読まれる。(マネーボイス:早期リタイアは夢のまた夢?何とかなる?望むサラリーマンが決めるべき2つの覚悟=鈴木傾城

客観的に見ると、日本人の誰もが「労働が好きで好きでしょうがない」というようには見えない。当たり前の話だが、「一刻も早く会社を辞めて、後はのんびりと暮らしたい」と考える層も莫大な数で存在する。

それでも日本人が『還暦を迎えても働き続けたい』と答えざるを得ないのは、結局のところ、老後を支える貯金がないというのが現実であり、生きるためには老体に鞭打つしかないと人々は思っているからに他ならない。

人生100年時代になると、否が応でも「高齢労働」という現実を人々は突きつけられることになる。

【ここでしか読めない!】『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーの購入はこちらから。

健康を支えるだけの健康

高齢労働が成り立つにはひとつの条件がある。それは「労働に耐えうるだけの健康が還暦後も残っている」ということだ。貯金がなく、いくら還暦を過ぎても働き続けたいと思っていても、労働を支えるだけの健康がなければ何もできない。

もし、還暦を迎えるあたりで働けないほど健康を害していたら、まさに「貯金はないが働くこともできない」という最悪の局面に陥ることになる。

肉体のピークは10代から20代であり、それ以後は年齢がいけばいくほどどんな壮健な人でも必ず体力が落ちていく。

それだけでなく、あらゆる臓器が劣化していくので病気になりやすくなり、身体の故障も多くなる。騙し騙し生きるしかなくなる。場合によってはフルタイムの勤務はできない可能性もある。

肉体労働をするにしても、知的労働をするにしても、若い人よりもパフォーマンスが落ちるのは致し方がない。老後の労働は端的に言えば、いろんな面で衰えてしまった自分との闘いである。

この闘いが厳しいものになるのかどうかは、結局のところは残っている健康がモノを言う。そのために、貯金がなければないほど重要になってくるのは「健康」ということになる。

貯金があれば健康でなくてもいいわけではない。意識しなければならないのは、貯金がなければないほど健康であることの重要度は高まるということだ。それこそ貧困の度合いと生死を左右するものになっていくのである。

もし、「定年を迎える頃になっても、それほど貯金を貯められそうにない」というのであれば、残りの人生を左右するのは健康でいられるかどうかである。「身体が資本」というのは、そういう意味が込められている。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

ライフシフト(100年時代の人生戦略)。世の中は、戦略を持って人生100年時代を迎えられる人ばかりではない。定年を迎える頃になっても、それほど貯金を貯められそうにないという状態に陥る人も当然いる。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

格差カテゴリの最新記事