J&Jが1日10%の暴落。資産に与えるダメージをマイルドにする方法とは?

J&Jが1日10%の暴落。資産に与えるダメージをマイルドにする方法とは?

J&J(ジョンソン・エンド・ジョンソン)は優良企業の代表である。しかし、J&Jもビジネスをしている以上はいくつものトラブルを抱えて窮地に落ちることもある。

ロイター通信は、この優良企業J&Jの1970年代から2000年代の内部文書を調べた結果、「J&Jが自社製品からアスベストを少量検出し、幹部が把握したのに公表しなかった」と発表した。

その瞬間、J&Jを抱えていた投資家がパニックに陥り、2018年12月14日の株式市場で約10%も暴落することになった。

今後、J&Jは高額訴訟に見舞われるのは確定している。また、「問題を隠蔽していた」という悪影響はJ&Jの他の製品にも波及していくかもしれず、問題がどこまで広がるのかは今のところ誰も分からない。

問題が長引くと売上や利益が減少して決算に数字として現れるので、そうなれば下落は長引くことも考えられる。個別株を抱えていれば、それがどんな優良企業であってもしばしばそのような目に遭う。J&Jも例外ではなかった。

ではJ&Jは売りなのだろうか?(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

この記事はメルマガにて全文を読むことができます

 

「2018年まぐまぐ大賞」の総合大賞5誌に選ばれたメルマガです。この記事はメルマガにて発行され、メルマガにて全文を読むことができます。1週間に1度、日曜日にメルマガでの発行を行っております。

 


【ご注意】

ご登録頂いてメールが届かない場合、こちらにてお問い合わせ下さい。再発送等も、こちらで行います。

http://www.mag2.com/info/renew/webmail.html
読者さん窓口:reader_yuryo@mag2.com

ダークネス・メルマガ編バックナンバー

ダークネス・メルマガ編は、バックナンバーも充実しております。たとえば、以下のようなバックナンバーが揃っております。

  • 株主に報いる優良企業を保有するだけで金が金を連れてくる
  • ロックフェラーの資産が陰謀も裏工作もなく増え続ける理由
  • 弱肉強食の世界で自分が弱者だと気付いたらどうすべきか?
  • 「現代資本主義の魔術」を身につける絶好の機会を見逃すな
  • これで「無限にキャッシュを生み出すマシーン」が手に入る
  • 次に押さえたいのは「変わりゆくものをすべて飲み込むこと」
  • 少子高齢化と人口減で活力が低下する国がインフレにならないとでも?
  • 資本主義では自分に才能がなくても、他人の才能を保有するのが基本だ
  • 学歴を裏口で手に入れなくても「これ」でイージーモードに入れる
  • 資本主義の中で、普通の人間が合法的に他人を搾取する方法がある
  • 学歴・職歴・容姿・能力・年齢を超越して、旨味を吸う生き方を選べ
  • 自分に投機の才能がないと分かっても、悪賢く立ち回る方法がある
  • 「自分が働いて稼ぐ」という発想をするな。もっと重要な発想がある
  • 「一生カネに困らなくなるための生き方」として第一歩を踏み出すために
  • 「自分は努力しない」という生き方を、合理的に実践する方法を学ぶべき

読みたいバックナンバーはありませんか? 他にも大量のバックナンバーを満載してお待ちしております。

 

ダークネス・メルマガ編が生んだ電子書籍

(ダークネス「メルマガ編」が電子書籍になりました。画像クリックでアマゾンの販売ページに飛びます)

 

(ダークネスの記事が電子書籍になりました。画像クリックでアマゾンの販売ページに飛びます)

 

鈴木傾城 – マネーボイス掲載記事一覧

 

http://bit.ly/2vUKg9Q

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

メルマガカテゴリの最新記事