100倍の通信速度と1000倍のトラフィックを扱う5Gが社会を激変させる

100倍の通信速度と1000倍のトラフィックを扱う5Gが社会を激変させる

今後、通信は「5G」の時代に入る。これが次の時代の巨大なイノベーションを引き起こす「核」になる。

「5G」のGは”Generation”の略で、これを日本語で言えば「第五世代」である。通信の世界は進化の途上であり、激しく世代交代が行われている。現在は4Gが主流だが、「5G」は最新世代のものであり、いよいよこれが社会に取り入れられるようになる。

5Gの特徴は何か。

ひとことで言えば「超高速、超大容量」である。4Gの今でも通信速度については問題はないのだが、今後はより高密度の動画も通信経由で見られるようになっていくわけで超高速・超大容量は必須である。

さらに、これからは日常のありとあらゆる機器が通信に接続されるようになる。これを「IoT(Internet of Things)」と呼ぶのだが、あらゆる機器が情報を発信するようになる。つまり、データの転送容量が増える。

この転送容量のことをトラフィックと呼ぶ。IoTはトラフィックを凄まじく増大させる。10倍や20倍の話ではない。2020年には2010年と比べると1000倍のトラフィックになるのである。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

インターネットは名実ともに「動画の時代」に入る

この爆発するトラフィックを支えるのが「5G」である。

5Gは超高速・超大容量を実現し、大量接続を難なくさばき、遅延の発生を最小に抑える重大な技術だ。これによって、インターネットの流れは間違いなく大変化する。インターネットは名実ともに「動画の時代」に入ることになる。

インターネットは今までテキストベースで発展してきたのだが、5Gが主流になることによって、今後はテキストベースのコンテンツがどんどん縮小していき、代わりに動画コンテンツが莫大に広がっていくことになる。

今もインターネットはユーチューブに代表される動画コンテンツが世界を席巻しており、もはやテレビよりも影響力を持つようになっているのだが、5Gの時代になるとそれがより顕著になる。

インターネットがテキストベースのコンテンツが大部分を占めていた理由は、単純に容量と通信速度の制限の問題であった。動画コンテンツは莫大な容量を必要とする上に、それを遅延なく見るためには通信速度が高速でなければならない。

動画のクオリティが高ければ高いほど容量も速度も必要になるのだが、今までは技術が追いついていなかった。だから、インターネットは静的コンテンツが主流だったのだ。

つまり、容量にも速度にも限界があったので、インターネットはテキストと写真ベースのコンテンツが主流だったのだ。しかし、今後の5Gの時代に入ると、この部分のネックが解消されることになる。

5Gの通信速度は4Gの100倍である。これが、どれだけのインパクトをもたらすのか、誰もが考えただけ分かるはずだ。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

動的コンテンツを作っている人間が時代を切り開く

クオリティの高い動画が無尽蔵に提供されるようになり、人々はやがてテキストと写真で構成されたコンテンツから動画で構成されたコンテンツに移っていく。5Gがこの変化を支える決定打となる。

テキストと写真で構成されたコンテンツが消えてなくなるというわけではない。いくらテレビや映画の時代になっても、人々は相変わらず本を読んで字を追っているのを見ても分かる。

テキストベースと写真で構成された静的コンテンツは依然として残り続け、作られ続けていく。

しかし、静的コンテンツはもう主流となり得ない。テキストベースの静的コンテンツはどんどん集客力を落としていき、急激に隅に追いやられるようになっていく。

なぜなら、動画コンテンツの方が圧倒的に情報量が多く、人々の耳目を集め、関心を呼び、夢中にさせるからである。人は本能的に、静止したものよりも動いているものに関心を持つようになっているのだ。

小説よりも映画の方が圧倒的に人々の関心を呼ぶ現象は私たちの誰もが知っていることだ。音楽もただ目を閉じて耳だけで聞くよりも、動画で見た方がより深くのめりこめるのと同じだ。

その動画のクオリティが上がっていくと、それはライブに居合わせているような臨場感すらも得ることができる。そして、それが人々の感情を揺り動かしていく。

5Gはそれを深化させるイノベーションである。だから、インターネットは5Gによって大きく変化していくのだと私は確信している。消費者は5Gによってもたらされた動画コンテンツを大量に消費することになる。

5Gの時代に入ると一気にそれが鮮明化する。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

現代の社会のあり方に巨大なパラダイムシフトを発生させる

4Gよりも100倍ものスピードを持つ5Gは、その超高速な回線で必ず社会に大きな変革をもたらし、現代の社会のあり方に巨大なパラダイムシフトを発生させる。

超高速・超大容量を生かすのは「動画」の分野であるのは自明の理だ。そのため、今後は静的コンテンツではなく動的コンテンツを作る能力を持った人間や企業が時代を切り開いていくことになる。

当然、世代交代が起きる。

SNSもテキストから動画が主流になっていき、動画をうまく扱える個人が時代の最先端に踊り出て、動画のプラットフォームが次の巨大企業へと変貌していくことになる。

5G時代を見据えてすべての企業、製作者、表現者は「動画」を扱うための知識や能力が必要になり、来るべき時代に備えなければ淘汰されてしまうということになるというのは容易に想像がつくはずだ。

もし、時代のシフトチェンジを生き残ろうと思うのであれば、進むべき道は「動画」である。

また、動画が主流になっていくと規模的には今のクラウドでも対応できなくなるために、ここで初めて仮想通貨で切り開かれたブロックチェーンの技術が動画コンテンツの保存や再生で役立つことになることも考えられる。

バラバラに起きているイノベーションがやがて5Gによって真の価値を発揮する時代が次の時代になる。

そのため、投資家も早い段階でこの流れを受け止めて投資対象を考えなければならないことになる。ハイテク産業は文明を再構築しているのだが、この状況は5Gによって劇的に加速されることすらも考えられる。ハイテク産業は「買い」なのだ。

4Gよりも100倍も早い5Gが時代を変えないわけがない。

人工知能、ロボット、ドローン、自動運転、仮想現実……と次々に起きているイノベーションは、次の通信規格である5Gによって一気に社会のインフラへと成り上がっていく。

100倍の通信速度に1000倍のトラフィックを扱う5G。それによって大激変する世界。準備は、できているだろうか?(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

人工知能、ロボット、ドローン、自動運転、仮想現実……と次々に起きているイノベーションは、次の通信規格である5Gによって一気に社会のインフラへと成り上がっていく。

この記事のツイッター投稿はこちらです

鈴木傾城のツイッターはこちらです。この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

一般カテゴリの最新記事