「新事実はカネになる」のは事実だが、すでに分け前が得られない時代だ

「新事実はカネになる」のは事実だが、すでに分け前が得られない時代だ

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

資本主義が進めば進むほど重要視されているのが「情報」だ。「ホットな情報」にアクセスできる人間は、うまく立ち回ればそこで確実に大金を手にすることができるようになるからだ。新しい情報は「カネの匂い」を発している。(フルインベスト:新しい情報はカネの匂い。ロスチャイルドがそれを証明して社会が追随した

法律では禁止されているのだが、現代でも裏側で続いているのが「インサイダー取引」である。インサイダー取引とは『会社内部の情報を知る人間が、重要事実についての情報公表前に株式の売買等を行うこと』である。

ある企業が予期しない決算を出す時、それが大幅に好調な決算の場合、その決算が発表される数日前から株価がすでに上がっていることがある。あるいは大幅な減益決算の場合、それが発表される数日前に異様に売られていることがある。

会社の内部に通じている人間は、確実に株が上がるか下がるかの情報を手に入れている。内部情報を元に自社の株式を売買したら、それは「儲かる確実がかなり高い」のである。しかし、それはフェアではない。フェアではないから禁止されている。

「最新の確実な情報」というのは、それほど強烈なツールであるというのを、インサイダー取引の禁止が示している。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

なぜ、私たちは新情報でカネにならないのか?

そうであれば、私たちも合法的に、鵜の目鷹の目で「ホットな情報がないか」を探し回ったらいいのだろうか。もし、何らかの新情報が手に入れば確実に儲けられるのだから、誰も知らない新情報を探し回ればいいのだろうか。

机上の理論では、その通りだ。

しかし、面白いことに現実は机上の理論の通りにならない。なぜなら「誰も知らない新しい情報を事前に手に入れたら儲かる」というのは、すでに「知れ渡った事実」になっているからだ。

すでに知れ渡っているというのは、要するに「新事実はカネになる」と分かっているので、誰もが大々的に新事実の発掘に大量の手間とカネをかけているということを意味している。

投資銀行、投資ファンド、機関投資家、投資メディアのすべては、そこに資源を集中している。

「新情報」を見つけるために優秀で有能で行動力があって人脈もある人間を高賃金で雇い、上場しているすべての企業の決算を当たらせ、深く掘り下げて分析させている。さらにコンピュータに莫大な金額を設備投資して24時間365日、全世界の情報の収集と分析をさせている。

こうした態勢を取った上で、誰よりも早く動くために秒単位で莫大な金額を賭けているのだ。

「新情報を誰よりも早く手に入れて儲ける」という手法は、すでに莫大な資金を持つ専門機関が、広範囲に、網羅的に、徹底的に行なっていて、「新情報で一刻も早く動く」という態勢を作り上げている。

超優秀かつ超有能な投資機関が「新情報を手に入れて誰よりも早く効率的に動く」ことを徹底している。だから「新事実はカネになる」は事実であっても、私たちは新情報で儲けることができない時代に入っているのだ。

私たち個人よりも新情報をうまく吸い上げる存在がすでに大量に存在していて、もう追いつくことすらもできなくなっている。当日の新聞に書いているのが新情報? まさか。新聞に書かれる前に、すでにそれは「旧」情報だ。

では、どうすればいいのだろうか?

・・・

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

(メルマガの登録は以下を参考にして下さい)


「2017年まぐまぐ大賞」の総合大賞5誌に選ばれたメルマガです。この記事はメルマガにて発行され、メルマガにて全文を読むことができます。1週間に1度、日曜日にメルマガでの発行を行っております。

過去の配信は、こちらをご覧下さい。

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編については、上記の画像をクリック、もしくは、こちらをご覧下さい。発行に至るまでの経緯等についてはこちらに書いております。


【ご注意】

ご登録頂いてメールが届かない場合、こちらにてお問い合わせ下さい。再発送等も、こちらで行います。

http://www.mag2.com/info/renew/webmail.html
読者さん窓口:reader_yuryo@mag2.com

 

(ダークネス「メルマガ編」が電子書籍になりました。画像クリックでアマゾンの販売ページに飛びます)

 

(ダークネスの記事が電子書籍になりました。画像クリックでアマゾンの販売ページに飛びます)

 

鈴木傾城 – マネーボイス掲載記事一覧

 

http://bit.ly/2vUKg9Q

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

メルマガカテゴリの最新記事