「夢」は売り物ではないし買えない。宝くじの夢は現実逃避の最たるもの

「夢」は売り物ではないし買えない。宝くじの夢は現実逃避の最たるもの

人々が宝くじが当たらないと分かっていても買うのは、どこかで当たった人がいることを知っていて、自分もあやかりたいからである。

ところが宝くじで何億円も当たる人は日本の事情で言えば、約3000万人のうちのほんの数人でしかない。それでも、当たるかもしれないと多くの人は思う。面白いことに、その同じ人が「自分は自動車事故に遭わない」と漠然と思っていたりする。

しかし自動車事故は結構な確率で遭うことが分かっている。たとえば2014年は事故に遭った人が71万1374人もいる。1億2000万人の人口でそれを割れば168人に1人は交通事故に遭うという計算になる。これは低い確率ではない。

だから「宝くじは当たらないが交通事故には遭う」と考えるのが合理的思考でもある。宝くじは望んでも当たらないが、交通事故は望まなくても当たるのが人生なのだ。

しかし、このような合理的な計算をする人は、世の中にほとんどいない。なぜなのかというと、そこには殺伐とした現実があるだけで「夢」がないからだ。

宝くじはほとんど当たらない。しかし、多くの人はその現実に目をつぶって「どうせ当たらない」と言いながら宝くじを買う。しかし口では当たらないと言いながら、「ひょっとしたら」という夢が心を掻き乱す。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、投資をテーマにしたブログ「フルインベスト」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

自分の人生の一発大逆転が、そこにしか存在しない

失業者も、無職者も、年金生活者も、生活保護受給者も、みんな宝くじを買っていることが知られている。働かなくても、働けなくても、収入がなくても、なけなしの金を宝くじに使う。

それは、限りなく非合理な選択である。

金がなければ、1円も無駄にしてはいけない。本来であれば、当たりもしない宝くじを買うような無駄は慎まなければならないはずだ。

足りていないのであれば節約するのが筋であり、わけの分からないものに散財するというのは合理的ではない。

はっきり言って、宝くじというのは「わけの分からないもの」の最たるものである。ほとんど当たりもしない紙切れである。それでも、彼らの一部は宝くじを買うことを止められない。

なぜなら、宝くじこそが自分の人生に一発大逆転の大金をもたらしてくれる可能性がわずかでもあるからだ。

もし大当たりすれば、コツコツと貯金をしている人間を尻目に一気に人生の勝ち組になれるかもしれない。そんな「夢」がわずかながらでも宝くじにはある。

コツコツ貯金しても、たかが知れている。面白くもない。しかし宝くじに当たったら家でもスポーツカーでもブランドの服でも豪華海外旅行でも何でも好きにできる。金で実現できる夢なら何でもできる。

だから、どれだけ確率が低いと言われても、宝くじを買う人には、そんな無粋で現実的な言葉はまったく耳に入らない。満足できない現状を変える可能性がある宝くじに賭ける。

「買わなければ当たらない」と言って、確率の悪いものに大切な金を無駄なものに費やしていく。すがるべき「夢」がそこにしかないからだ。

一発大逆転がそこにしか存在しないから、どうせ当たらないと言いながら、すがるような思いでそこに賭ける。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

もしかしたら、楽して大金持ちになれるかも

面白いことに、一発大逆転や一攫千金を望む人の多くは、堅実性や確実性を嫌う。

パチンコや競馬や宝くじで生活や人生を成り立たせるのは限りなく難しい。しかし、真面目に働けばそれなりに収入を得られて食べていけるのは間違いない。

金をきちんと手に入れるという意味で言えば、「働く」というのは堅実であり確実である。金がなければ、誰よりも働くというのは愚直ではあるが確実でもある。

しかし、パチンコや競馬のようなギャンブルにのめり込む人は、肝心の「働く」という部分に熱意を見出さない人も多い。熱意どころか必死で回避しようとする人もいる。

働かないのに宝くじを買う人も同じことが言える。

働くということが最も金を得るための着実な方法であるにも関わらず、基本をきちんと押さえない。重要な部分をおざなりにして、不確実な方向を熱心にする。

なぜなら、「働く」というのは楽ではないからだ。

体調が良くても悪くても、雨が降っても風が吹いても、上司や顧客に理不尽なことを言われても、淡々とやるべき仕事をしなければならないのが「働く」ということである。

しかも、雇用者は必要以上に給料をもらえるということはない。往々にして給料は足りない額であり、しかもどんなに一生懸命に働いてもいきなり給料が倍額になることもない。

「働く」ということは定期的に金を手に入れるための確実な方法であるのは間違いないのだが、確実であってもそこには夢も希望もない。場合によっては、強いストレスだけしかない人もいる。

だから「働く」という堅実性や確実性に真剣になれず、ひとときの夢を見させてくれるギャンブルにのめり込み、宝くじを買ったりする人がいるのである。

たとえ、それが確実性に欠けていたとしても、大当たりするという夢がほんの少しでもあるのなら、それにすがる。もしかしたら、楽して大金持ちになれるかもしれない。

ダークネスの電子書籍版!『邪悪な世界の落とし穴: 無防備に生きていると社会が仕掛けたワナに落ちる=鈴木傾城』

着実な「積み上げ」の向こう側に夢を見るべきだ

宝くじの夢は現実逃避の最たるものである。だから現実逃避をしたい人がそれを買う。しかし、「夢」は売り物なのだろうか。「夢」を買ってると思って、ただ単に金を毟られているだけではないのか。

切れ目のない努力や長い時間をかけて磨き抜かれた能力が介在しない場合、その多くは現実逃避である。当然のことだが、現実逃避で現実を乗り切ることは無理だ。

現実を乗り切るには、逃避した現実に再び戻らなければならない。人生の一発大逆転やよく分からない一攫千金ではなく、無理のない範囲で確実に「積み上げる」のが重要だ。

「積み上げる」というのは、貯金でも投資でも資金を失うことなく増やせるものを指す。一生懸命に働いて、毎月3万円を貯めるというのも「積み上げる」ものであり、それはとても堅実であり確実だ。

その前に、毎日ちゃんと働いて毎月の給料を手に入れるというのも「積み上げ」である。きちんと働くという実績の積み上げは、長い人生の中で最も堅実なものだ。

優良企業の株式を手に入れて、毎年の配当を再投資するというのも「積み上げ」である。

優良企業は配当だけでなく、確実に株価も上昇させるので、積み上げと共に含み益もまた得ることができる。これによって「積み上げ」が加速する。

着実な計算があれば別に夢は必要ない。必要なのは夢ではなく遂行能力だ。しかし、あえて明るい夢を見たいというのであれば、このような着実な「積み上げ」の向こう側に夢を見るべきである。

才能や能力ですらも、日々の努力や精進や工夫による「積み上げ」で手に入れる必要がある。それは妄想で手に入らない。また、棚からぼた餅で手に入れるものではない。

宝くじの夢がただの現実逃避であるのは、そこには「積み上げ」も何もないからである。「積み上げ」は楽ではない。手間も時間もかかる。

しかし、その基本をおろそかにしているようでは、この弱肉強食の世の中で生き抜くことはできない。現実逃避して生きても仕方がない。

「宝くじを買わないでその金を貯金する」というところから現実逃避を終わらせ、着実に堅実に積み上げる人生が始まる。合理的に生きるというのは、そういうところから積み上げていくことである。夢は売り物ではないのだから。(written by 鈴木傾城)

宝くじの夢は現実逃避の最たるものである。だから現実逃避をしたい人がそれを買う。そこに切れ目のない努力や長い時間をかけて磨き抜かれた能力が介在しない場合、その多くは現実逃避である。当然のことだが、現実逃避で現実を乗り切ることは無理だ。

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

一般カテゴリの最新記事