「自分は努力しない」という生き方を、合理的に実践する方法を学ぶべき

「自分は努力しない」という生き方を、合理的に実践する方法を学ぶべき

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

努力するのは重要だ。しかし、努力は報われないこともある。才能を磨くのは重要だ。しかし、才能は認められないこともある。カネを稼ぐために必死で働くのは重要だ。しかし、労働量に見合った賃金がもらえないこともある。

私たちは容赦ない資本主義の中に生きている。必ずしも聡明で知的で能力がある人が成功するとは限らないことを自分やまわりの人たちをつぶさに見て気づいている。運の良し悪しもかなりの確率で影響する。

世の中は平等でも公平でもない。だから、常に世の中は混沌としている。

努力して報われないこともあれば、才能を磨いても認められないこともあれば、労働でも豊かになれないのであれば、すべてをあきらめなければならないのか。何もかも運任せにして、自暴自棄で生きればいいのか。

いや、必ずしもそうではない。

現代の資本主義は弱肉強食の世界だが、そうであるならば逆にこの「弱肉強食」を巧妙に利用すれば自分がどうであっても「一生カネに困らなくなるための生き方」に近づくことができるようになる。

どうするのか? 資本主義の本質を巧みに突けば、努力もせず、才能も磨かず、労働もしないでも問題なくなる瞬間がくる。実のところ、富裕層の多くは富裕層になった時点で努力も才能も労働も何もなくても生きていける。


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

才能ある人間が起業家になっても90%が消える世界

人にはそれぞれ強く惹かれる対象が違う。いくら資本主義に生きていてカネがなければ生きていけないとは言っても、カネを稼ぐことに強い関心を持っている人はそれほどいない。

子供たちと一緒にいる時間が好きだという人もいれば、絵を書くのが好きだという人もいれば、歌を歌うがの好きだという人もいれば、自然に触れ合うのが好きだという人もいれば、知らないところを旅行するのが好きだという人もいる。

人々の関心の多くはカネにならないものだ。カネになるどころかむしろカネがかかるものでもある。カネを稼ぐのが三度のメシよりも好きだという人も中にはいるのだが、かなり数は少ない。

ほとんどの人は、ほどほどに生きていけるだけのカネがあれば、あまりカネのことは考えたくないと自然に思う。

そのため、資本主義の世界ではカネが重要だと言われても、カネを稼ぐことに必死になれない。好きでもなければ関心もない分野を無理やり強制されても、それで大好きになることなど絶対にない。

だから、カネを稼ぐという分野に1年365日を費やす人もいないし、そこで血をにじむ努力をする人もいない。事業家になるのが富裕層になる近道だと言われても、誰もが事業家になりたいと絶対に思わない。努力もしない。

当たり前の話だが、事業家になることにもビジネスにもさほど関心がない人間が起業したとしても、それで成功できるほど世の中は甘くない。

世の中は才能と実行力のある人間が起業家になっても90%が資金を吹き飛ばして消えていき、ベンチャー・キャピタリストが選抜して資金を投入したスタートアップ企業のほとんどが失敗してしまう。

こうした現実を見ても分かる通り、やる気と才能がある人間がやっても成功するよりも失敗する確率の方が高いのが事業の世界である。動かす金額が大きいので、一歩道を踏み外すと一気に転落していく。

しかし、努力もなく狡猾に生きる方法がある。狡猾に生きるというのは、「自分は努力しない」という生き方をすることだ。

・・・

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

(メルマガの登録は以下を参考にして下さい)


「2017年まぐまぐ大賞」の総合大賞5誌に選ばれたメルマガです。この記事はメルマガにて発行され、メルマガにて全文を読むことができます。1週間に1度、日曜日にメルマガでの発行を行っております。

過去の配信は、こちらをご覧下さい。

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編については、上記の画像をクリック、もしくは、こちらをご覧下さい。発行に至るまでの経緯等についてはこちらに書いております。


【ご注意】

ご登録頂いてメールが届かない場合、こちらにてお問い合わせ下さい。再発送等も、こちらで行います。

http://www.mag2.com/info/renew/webmail.html
読者さん窓口:reader_yuryo@mag2.com

 

(ダークネス「メルマガ編」が電子書籍になりました。画像クリックでアマゾンの販売ページに飛びます)

 

(ダークネスの記事が電子書籍になりました。画像クリックでアマゾンの販売ページに飛びます)

 

鈴木傾城 – マネーボイス掲載記事一覧

 

http://bit.ly/2vUKg9Q

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

メルマガカテゴリの最新記事