不穏な時代でも「この3つ」を踏まえていれば資本主義の勝ち組になる

不穏な時代でも「この3つ」を踏まえていれば資本主義の勝ち組になる

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

2018年9月20日、NY株式市場でダウ工業株30種平均が過去最高値を更新した。これを見ても分かる通り、アメリカの株式市場はすこぶる好調だ。

しかし、アメリカの内情はドナルド・トランプ大統領の度重なるスキャンダル、中国との貿易戦争、利上げによる新興国の通貨暴落などの問題が鬱積しており、足元は揺らいでいる。

何が動乱の引き金になるのかは分からないのだが、相場はいずれ荒れる日がやってくる。

砂漠でさえも時には大雨が降って溺死者が出るのだから、相場が荒れる日がくるとしても驚きではない。相場が荒れると聞いて、驚く人がいること自体が驚きだ。

ところで、最近は多くのヘッジファンドが相場を警戒するようになっており、メディアも「いよいよ暴落がくるかもしれない」という論調を増やすようになっている。

その理由は、3つある。

1つは「今は拍子抜けするほどアメリカの株式市場が好調だからそろそろ何かありそうだ」という予感的なものだ。2つは「ちょうどリーマンショックから10年経った節目の年」であることも心理的に影響している。

そして3つは「トランプ大統領の政治運営のやり方があまりにも強引であることで反動がくるのではないか」という大きな懸念があることだ。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

こうした不穏な状況になるとデマも発生しやすい

リーマンショックは金融市場を揺るがした超巨大経済事件だった。あれから10年経った。

金融市場は、だいたい10年ごとに何らかの「ショック」が起きている。そのような歴史的経緯を見ると、「近いうちに何か起きるかもしれない」と人々が考えるのは当然のことだ。

しかし、現在は何も起きていない。それは起きるかどうかも確約されていない。むしろ逆に株式市場はさらなる高みを目指して上がっていく可能性すらもある。

なぜか。株式市場が好調だと「何か起きるかも」という警告など一笑に付して「今の株価を見ろ。上がってるじゃないか。何を心配しているのだ?」と、より株式市場にのめり込む人が増えるからだ。

株式市場は上昇機運が続いていれば、単に「上がっている」というだけで、より多くの資金が集まって相場をさらに上昇させていく性質がある。

株式市場にしばしば発生するバブルというのは、そうやって形成されていくのである。だから「何か起きて暴落するかもしれない」という懸念はしばしば大きく外れていく。

このような状況の中で人々の判断はぐらつく。高値圏で乱高下が起きるようになるのは、「何を恐れているのだ? 相場は上がっているのだから黙って買え」という人たちと「上がり過ぎだ。頭を冷やした方がいい」という人たちの意見が大きく交差してどちらにも信憑性があるからだ。

こうした不穏な状況になるとデマも発生しやすい。人々は過敏になっているので、悪質な流言も信じられやすくなる心理状態になっている。

「アメリカは経済崩壊する」とか「資本主義は次の暴落で完全崩壊する」という荒唐無稽かつ馬鹿げたデマが広がりやすいのもこのような時期である。

そうやって火をつけて人々が動揺すると面白いと思う人たちが世の中にはいて、意図的に悪質なデマを垂れ流して喜ぶ。そのため、情報はますます混沌として人々は翻弄されていく。

では、悪質デマさえも飛び交う中で、私たちは高値圏を形成する相場にどう向き合えばいいのだろうか。

・・・

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

(メルマガの登録は以下を参考にして下さい)


「2017年まぐまぐ大賞」の総合大賞5誌に選ばれたメルマガです。この記事はメルマガにて発行され、メルマガにて全文を読むことができます。1週間に1度、日曜日にメルマガでの発行を行っております。

過去の配信は、こちらをご覧下さい。

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編については、上記の画像をクリック、もしくは、こちらをご覧下さい。発行に至るまでの経緯等についてはこちらに書いております。


【ご注意】

ご登録頂いてメールが届かない場合、こちらにてお問い合わせ下さい。再発送等も、こちらで行います。

http://www.mag2.com/info/renew/webmail.html
読者さん窓口:reader_yuryo@mag2.com

 

(ダークネス「メルマガ編」が電子書籍になりました。画像クリックでアマゾンの販売ページに飛びます)

 

(ダークネスの記事が電子書籍になりました。画像クリックでアマゾンの販売ページに飛びます)

 

鈴木傾城 – マネーボイス掲載記事一覧

 

http://bit.ly/2vUKg9Q

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

メルマガカテゴリの最新記事