貯金したら負けだ。日本人は資産について合理的に判断していない?

貯金したら負けだ。日本人は資産について合理的に判断していない?

日本の個人金融資産の50%は預貯金・現金で、28%近くは保険である。

一方で、日本人の金融資産における株式の割合は10%に満たない。日本人は明確に株式を持たない民族なのである。その理由ははっきりしている。

株式はリスクがあると思われているからだ。

株式は言うまでもなく、元本が保証されない。また怪しげな会社に投資し、その会社が消滅してしまえば、それこそ資産そのものがゼロになる。

日本人はそういった不確実性を極端に嫌っており、それならば「現金で持っている方がまだいい」と考える。現金こそが最も信頼できると考えている。

しかし、日本人のその性質を見越して、日本人の性質を嘲笑うように銀行は金利をほぼゼロに固定している。

現在の定期預金の金利は、大手都銀で0.01%前後のところが多い。1%ではない。0.01%だ。金利など、あってもないようなものなのである。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

日本人は政府や銀行にいいように嘲笑されている

1000万円を定期貯金して、1000円にしかならないのが0.01%という数字である。

日本人のほとんどは実は預金はゼロか、もしくは100万円以下なのだが、100万円程度ならほぼ普通預金であると思われるので、年間100円しか利息がつかない。

こんなものは何かの手数料で一瞬にして吹き飛ぶ金額であり、下手したら手数料の方が高くてマイナスになる。これは、利息が付いたというレベルではない。

100万円で100円の利息。他の国では暴動が起きるレベルだが、日本人は大人しいので暴動は起こさない。

他の国では一斉に貯金が引き出されて銀行がつぶれるレベルだが、日本人は大人しいので取り付け騒ぎを起こさない。取り付け騒ぎどころか、未だに国民の金融資産の50%は預貯金・現金なのである。

その結果、日本人は政府や銀行にいいように嘲笑され、金利ゼロで固定化されてしまっている。

「釣った魚にはエサなんかやらなくてもいい」

0.01%というのは、そういうことだ。早い話が日本人は銀行に愚弄されているのだが、愚弄されているということすらも気付かないのが日本人なのだ。

日本人は計算ができる民族だと言われているが、この実態を見ると本当なのかどうか怪しくなる。

利息がゼロと言っても過言ではないこの0.01%で運用していると、資産が増えていくというのはあり得ない。インフレが起きるのが資本主義の性質であることを考えると、資産は増えるどころかマイナスになっていくのがオチだ。

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

インフレが起きるとその瞬間に預貯金は目減り

金利がゼロの預貯金では、年間2%のインフレが起きるとその瞬間に預貯金はマイナス2%の目減りになる。

消費税はすでに8%になっているのだが、機会があればいつしか引き上げられるし、他にも様々な税金が課せられて上げられていく。

こういった動きは確実に世の中をインフレにする。

インフレというのは、金の価値が下がるということを意味しているので、預貯金は価値が下がった分だけマイナスになったということである。

つまり、長い目で見ると、預貯金で金融資産を持つというのは、安全ではない。元本の額は変わらないので一見安全なように見えているのだが、インフレを換算すると確実に元本割れになるのが保障されている資産でもある。

預貯金は、インフレが来ると最も不利になる資産なのである。

その点、株式はインフレの当初こそ何の動きもないが、物価が上がれば企業の商品の価格も上がる。いずれそれが株価にも反映されることになりインフレに対するリスクヘッジとなる。

きちんとした優良企業を買っていれば、インフレと連動して株価は上がっていくのだ。長期視点で見ると、預貯金よりも、むしろ株式の方がリスクヘッジとなる。

それが分かっているので、資産を持っている富裕層は、絶対に株式を保有して資産管理・資産運用を行う。「良い企業の株式を長期で保有する」という戦略で資産はゆっくりと増大していくのは周知の事実である。

株式を保有するかしないかで、持てる者と持たざる者の格差がじわりと広がっているのが今の時代である。

【ここでしか読めない!】『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーの購入はこちらから。

優良企業の株式を長期で保有するのが安全な姿

日本はいまだに株式に投資することはギャンブルの一種だと捉えられているのは残念なことだ。

実際、先物で株式を売買したり、デイトレードで激しい売り買いをしている人間は、ギャンブルであると断言してもいい。

そういった世界では動物的な勘と、反射神経と、運がなければ勝ち上がることはできない。そして一時的に勝ち上がっても、連勝できる保障もにない。

ごく一部のギャンブラーは大儲けできるが、大多数の投資家はそれで食い物にされて散って行く。

しかし、良い企業をほどほどの値段で買って、それを長期に持つという投資の王道を歩んでいると、それはギャンブルではない。資本主義に沿った健全な資金運用である。

企業が成長し、資本主義社会がインフレを生み出すのであれば、そういった優良企業の株式を長期で保有することこそが、まさに資産運用の最も安全な姿であると言える。

こういった投資はギャンブルとは対極にあるものであり、賢明であり、正しい。

株式を長期で保有できる人というのは、生き方も長期視点が持てるということであり、首尾一貫した人生を歩んでいるということでもある。

長い長期保有の中では良いことも悪いことも起きる。何があっても動揺しないで保有し続けられているということは、逆風にもきちんと立ち向かう気概も持っているということだ。

何も考えないで預貯金でごまかしている人よりも、優良企業の株式を買い、それをきちんと守っている人の方がより安定した人間であると断言できる。

日本人の個人金融資産の50%は預貯金・現金であるということは、すなわち、資産について合理的に物事を判断できている人は少ないのだということを意味している。(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

何も考えないで預貯金でごまかしている人よりも、優良企業の株式を買い、それをきちんと守っている人の方がより安定した人間であると断言できる。日本人の個人金融資産の50%は預貯金・現金であるということは、すなわち、資産について合理的に物事を判断できている人は少ないのだということを意味している。

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

長期投資カテゴリの最新記事