学歴を裏口で手に入れなくても「これ」でイージーモードに入れる

学歴を裏口で手に入れなくても「これ」でイージーモードに入れる

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

ある大学が裏口入学のリストを作っていたことが発覚して大問題になっている。

しかし実際のところ、こうした裏口入学は以前から公然と囁かれていたことでもあり、今さら裏口入学の存在で驚愕する人などひとりもいない。

富裕層・政治家・高級官僚の子供たちは馬鹿でも有名大学に入って学歴で箔をつけており、貧困層とは違うイージーモードな人生を歩むのが普通だ。

富裕層も貧困層も学歴にこだわるのは、高い学歴があれば一流企業に雇われやすく、企業内でも出世しやすく、高待遇・高収入が約束されるからである。つまり、学歴が高ければ得するのが現実社会の常なのだ。

逆に言えば、低学歴層が一流企業に入るのは至難の業であり、無理して一流企業に入ってもノンキャリア組として肩書でも賃金でも冷遇される。これが学歴社会の実態だ。

そのため、語学留学に行っただけで外国の大学を卒業したとか、勝手に一流大学を卒業したような学歴詐称をする人間も出てくる始末だ。

通常は、相手の肩書が本当なのか誰も調べないので、学歴詐称はある時点までは通用することが多い。そのため、適当な学歴を並べて生きている悪人(ワル)は意外に大勢いる。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

学歴があるより金があった方が融通が効くのが現実

見知らぬ人に「有名大学の出身なんですよ」と馬鹿げた嘘の自慢することができても、どこかに就職する時や選挙で立候補する時などで嘘を貫き通したら、詐欺罪であり私文書偽造罪である。

そこまでしても学歴という「箔」が欲しいのかと思うと哀れだが、虚栄心の強い人間はどうしても学歴を詐称したいという気持ちになるようだ。

しかし、悪人は悪人でも虚栄心などまったくなく「名よりも実を取る」タイプの悪人もいる。

虚栄心は破滅とトラブルの元になるので、そんなものは鼻でせせら笑って「実」を取りにいく方が合理的であり、長い目で見ればトラブルに巻き込まれない分だけうまい生き方になる。

実のところ、資本主義社会では学歴は別にどうでもいいと気づいている人はどれだけいるだろうか。

世の中は学歴偏重なので、「資本主義=学歴至上主義」のように勘違いしている人が多いことに驚く。これは完全に間違いであることに気づく必要がある。

資本主義で最も重要なのは「資本」であって「学歴」ではないのだ。学歴があれば「高待遇と高収入になりやすい」ので学歴が資本主義の重大要素のように思うかもしれないが、実際には学歴よりも資本の方が何十倍も重要だ。

なぜか。冷静に考えればよく分かる。たとえば、時価総額100億円規模の会社があったとする。10億円を持っている無学の部外者と、一流大学卒の学歴を持ったこの会社のサラリーマン部長のどちらがこの会社を合法的に乗っ取れるか。

言うまでもなく、株式の10%を掌握できる無学の部外者の方である。会社は「株主のもの」だ。だから、大量の株式を「買う」ことによって、合法的に会社の所有者になれる。

そして、その会社の所有者になれば、一流企業卒業の社員を配下に置くことができるのである。「資本は学歴に勝る」ということだ。

はっきり言えば、株式の大量保有は究極の裏口入学となる。そもそも学歴も「金で買える」のだから、学歴があるより金があった方が融通が効く。だから、本当の悪人は学歴詐称のような面倒なことはしない。

・・・

(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

(メルマガの登録は以下を参考にして下さい)


「2017年まぐまぐ大賞」の総合大賞5誌に選ばれたメルマガです。この記事はメルマガにて発行され、メルマガにて全文を読むことができます。1週間に1度、日曜日にメルマガでの発行を行っております。

過去の配信は、こちらをご覧下さい。

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編については、上記の画像をクリック、もしくは、こちらをご覧下さい。発行に至るまでの経緯等についてはこちらに書いております。


【ご注意】

ご登録頂いてメールが届かない場合、こちらにてお問い合わせ下さい。再発送等も、こちらで行います。

http://www.mag2.com/info/renew/webmail.html
読者さん窓口:reader_yuryo@mag2.com

 

(ダークネス「メルマガ編」が電子書籍になりました。画像クリックでアマゾンの販売ページに飛びます)

 

(ダークネスの記事が電子書籍になりました。画像クリックでアマゾンの販売ページに飛びます)

 

鈴木傾城 – マネーボイス掲載記事一覧

 

http://bit.ly/2vUKg9Q

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

メルマガカテゴリの最新記事