PTTという巨大企業。タイ株式市場の時価総額から見た企業規模

PTTという巨大企業。タイ株式市場の時価総額から見た企業規模

名実共に、タイ株式市場で最大の企業は何かと言われれば、この企業しかない。PTT、日本語で言えば「タイ石油公社」と呼ばれている企業だ。

「公社」と名付けられているを見ても分かる通り、株式のほぼ過半数をタイ政府(財務省)が保有しており、タイのエネルギー産業の要となっている。

このPTTの子会社である「PTT EXPLORATION AND PRODUCTION」、日本語で言えば「PTTエクスプロレーション&プロダクション」がタイ第二の規模を誇る企業であり、この2社で4.5兆円規模の時価総額を誇っている。

PTT。タイ最大の時価総額を持つ企業

それだけではない。時価総額第8位もまたPTTの子会社である「PTT GLOBAL CHEMICAL」が顔を出しており、これも1兆円規模だ。

東南アジアの石油・ガスと言えば、なぜか、隣国マレーシアの株式市場で時価総額8位前後を行き来しているペトロナス・ガスがよく知られている。

しかし、時価総額を比べてみると、

ペトロナス  約4,983億円
PTT 約2兆6,245億円

であり、タイ最大の企業であるPTTはペトロナスの5倍を超える規模とスケールを持つ巨大企業であることが分かる。企業のスケールとしては比べものにならないほどPTTは巨大だ。

分かりやすく日本の企業の時価総額で言えば、三菱商事、みずほFG、武田薬品クラスのレベルだから、東証の時価総額ランキング10位にも顔を出す。

タイ最大の時価総額を持つ銀行はサイアム商業銀行だが、この銀行と比べても2倍だ。

タイ株式市場が大暴落を演じたときに、飢えた豚のように株式をむさぼり食いたいという投資家や、単純にタイ株式市場をトレースするような株式の持ち方をするのであれば、この企業は注目に値する。

ミャンマーの成長を裏口から取り込む方法

タイは原子力発電所を持っていない。実はタイも原子力発電所を検討していたが、2011年3月の福島第一原発の事故を見て急遽原子力を見直して、しばらくは検討しないことした。

だから、PTTは今後もタイのエネルギー政策の中心になり得るし、さらにはラオス、ミャンマーにも石油を供給しているので、東南アジア一帯の石油は欧米の石油会社と共に、PTTも入り込んで行くことになる。

東南アジアのエネルギーは、ロックフェラーのEsso(エッソ)と、ロスチャイルドのシェル(ロイヤル・ダッチ・シェル)がすでに入り込んで根を張っている。

タイ株式市場では、Essoが時価総額SET50の企業に指数として選ばれており、かつ時価総額で言えば40位に位置する規模を誇っている。

つまり、タイにはロックフェラーの利権が入り込んでいるということである。

特にミャンマーはこれから国が急激に開ける可能性があるが、国の発展と開発にはエネルギーが要るのだ。

そのエネルギーの供給は、恐らくロックフェラー系の利権が絡むが、同時にタイ政府もPTTを通して潜り込んでいく可能性が非常に高い。

ミャンマーの発展に投資したいと考えても、外国人投資家が投資できるようなミャンマー株式市場など、まだ整備されていない。

だから、実際に現地に行って、ビジネスを仕掛けようとする企業家だけがミャンマーに投資できると思っている人も多いかもしれない。

しかし、タイ株式市場の中で、ミャンマーと関わり合う企業を探し出せば、ミャンマーに裏口入学できるのである。

まだ、どの企業がどのようにミャンマーに関わるのかは分からないが、PTTは十分にその確率がある。

そういったことを考えると、検討するに値する企業であると言える。

ただし、私はこの企業は買っていない。「秋波は送っているが、まだ話しかけてない」というところだろうか。

SET50 時価総額ランク

今回は、時価総額の高い順番にソートして参考のために掲載しておきたい。データは2012年4月5日の、もっとも最新のものだ。

タイ株式市場に資金を投じるのであれば、これらの最重要企業はだいたいで構わないので覚えておくといいかもしれない。

SET50 時価総額 (M baht)
# Name 時価総額
1 PTT 996,848.57
2 PTT EXPLORATION AND PRODUCTION 582,657.44
3 ADVANCED INFO SERVICE 518,805.14
4 THE SIAM COMMERCIAL BANK 492,035.54
5 THE SIAM CEMENT 415,200.00
6 KASIKORNBANK 366,168.81
7 BANGKOK BANK 355,044.78
8 PTT GLOBAL CHEMICAL 307,578.45
9 CP ALL 301,040.92
10 CHAROEN POKPHAND FOODS 292,296.06
11 TOTAL ACCESS COMMUNICATION 194,752.45
12 KRUNG THAI BANK 194,527.63
13 INDORAMA VENTURES 173,313.26
14 BANPU 161,418.23
15 BANK OF AYUDHYA 151,853.59
16 THAI OIL 141,781.94
17 BANGKOK DUSIT MEDICAL SERVICES 139,091.30
18 BIG C SUPERCENTER 131,427.40
19 BEC WORLD 98,500.00
20 CENTRAL PATTANA 96,957.31
21 IRPC 92,363.57
22 GLOW ENERGY 87,406.19
23 SIAM MAKRO 84,000.00
24 AIRPORTS OF THAILAND 81,071.35
25 HOME PRODUCT CENTER 75,893.87
26 TMB BANK 75,304.72
27 LAND AND HOUSES 71,685.34
28 THAI UNION FROZEN PRODUCTS 71,246.54
29 SIAM CITY CEMENT 70,150.00
30 BERLI JUCKER 62,730.94
31 RATCHABURI ELECTRICITY 60,900.00
32 BANGKOK LIFE ASSURANCE 56,100.00
33 ROBINSON DEPARTMENT STORE 56,088.39
34 THAI AIRWAYS INTERNATIONAL 54,569.30
35 TRUE CORPORATION 51,631.32
36 ELECTRICITY GENERATING 50,935.49
37 BTS GROUP HOLDINGS 44,606.85
38 MINOR INTERNATIONAL 43,086.35
39 THANACHART CAPITAL 42,660.50
40 ESSO (THAILAND) 40,838.12
41 BUMRUNGRAD HOSPITAL 39,879.53
42 THE BANGCHAK PETROLEUM 33,183.85
43 PRUKSA REAL ESTATE 33,141.11
44 DELTA ELECTRONICS 30,685.59
45 TISCO FINANCIAL GROUP 30,570.89
46 TPI POLENE 28,467.90
47 SUPALAI 26,263.26
48 THAI PLASTIC AND CHEMICALS 26,031.25
49 DYNASTY CERAMIC 26,010.00
50 SRI TRANG AGRO-INDUSTRY 25,856.00

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

株式市場カテゴリの最新記事