「投機」に資金を投じて失敗したら、それは資金の「投棄」になる

「投機」に資金を投じて失敗したら、それは資金の「投棄」になる

仮想通貨ビットコインは2017年の1年間で10倍になるという大暴投を繰り広げて、全世界で多くの「投資素人」が大金をはたいて相場に参入する姿があった。

日本でもコインチェックというビットコイン取引所が派手なコマーシャルを大量に流して仮想通貨取引を煽っていたのだが、このバブルは2018年に入ってから一気に弾けてしまい、現在は6700ドル台で取引されている。

ビットコインは価値があるのかないのか今もって誰にも分からない。ビットコインは文字通り「価値も仮想だ」と断定する人もいれば、「仮想通貨の未来はこれからだ」と逆の断定をする人もいる。

仮想通貨の価値を支えているのが「ブロックチェーン」の技術だが、ブロックチェーンが素晴らしい技術だとしても、ビットコインが素晴らしいのかどうかは、本当に誰にも分からないのである。

株式の場合は、その銘柄のビジネスが利益を出しているのかどうかを見れば一目瞭然であり、どれくらいの価値があるのかも推測しやすい。

利益が莫大に生み出している企業の株価が低迷していれば、配当をもらいながら過ごせばいいだけの話であって難しいことは何もない。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

 

2018年からは、暴落を理由とした自殺者も出てきた

しかし、ビットコインは価値がどこにあるのか、いくらなのかまったく分からないので、暴落したところで長期保有してもそれが報われるのかどうか分からない。

それでもビットコインの将来を確信しているのであれば、保有し続けるしかないのだが、相場がどうであれ「保有し続ける」ことができるのは現物で持っている人間に限る。

ビットコインの取引所は、レバレッジをかけた仮想通貨の信用取引をも行っていた。

少ない資金でもレバレッジを効かせれば、相場が右肩上がりであれば一瞬にして利益が手に入る。資金が倍々ゲームで増えていく。

しかし、相場が逆に動けば一瞬で死ぬ。この相場の逆流が起きたのが2018年であり、このときに貪欲に利益を取りにいった投資家は暴落に飲み込まれて資金を失っただけでなく、莫大な借金をも抱えることになっていった。

世界中のビットコイン投資家がそれに巻き込まれて、2018年2月からは自殺者も出てきている。

ロシアの仮想通貨ファンドのひとつは、ビットコイン暴落に巻き込まれて致命的な大損失を被った投資家を対象に「自殺ホットライン」を始めている。

ロシアは経済制裁と石油価格低下で想像以上に経済的ダメージを負った国であり、人々はこの閉塞感から逃れるために仮想通貨に望みを託した人も多かった。

ルーブルの価値崩壊の分を、仮想通貨で取り返そうとしたのだ。ところが、2018年以後の暴落に巻き込まれて往復ビンタで大損失を出した人もいた。

だから、「自殺ホットライン」が設けられたのである。ロシアはただでさえ、自殺の多い国である。経済的損失は人々の心を深く蝕み、苦しませている。

 

【金融・経済・投資】鈴木傾城が発行する「ダークネス・メルマガ編」はこちら(初月無料)

 

クレジットカードでビットコン購入が禁止された

ハイテクの総本山アメリカでも、ビットコイン・バブルに踊った人は多かった。

ニューズウィーク紙は『ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン』として、米ニュースサイトのレディットが自殺防止ホットラインを設置したことを報じていた。

クレジットで借金をして相場に注ぎ込んでいたり、家を担保にして相場に注ぎ込んでいた人も多かった。

そのため、アメリカの銀行大手JPモルガン・チェースやウェルズ・ファーゴがクレジットで仮想通貨を買うことを禁止にした。

このような動きを放置していたら、クレジットカードの借金が返せなくなる人が続出し、それがひいては銀行の損失になってしまう。

銀行が禁止しなければならないほど無謀な取引をしていた人がいて人々を狂わせていた。

さらに興味深いことに、ビットコインが暴騰する前に売ってしまい、「自分だけ儲けそこねた」という狂いそうなほどの悔しさで自殺した人までいたことが記事になっている。

荒っぽい相場は、損した人たちと同様に、儲けそこねた人々の精神をも破壊していたのである。

自殺と言えば、2018年2月1日にはソウル名門大学の学生が相場が暴落して大部分を失い、自殺に追い込まれたことがニュースになっている。

この学生は約200万円の元手で仮想通貨の取引に手を出したのだが、一時は時流に乗って約2045万円あまりにまで増やすことに成功していた。

しかし、その後は仮想通貨の暴落に巻き込まれて儲けのすべてを吹き飛ばし、最初の元手だった200万円もほとんどを失っていた。この学生は結局は何も得られなかったも同様だ。

得たはずの約2045万円は文字通り「仮想」だったのだ。

精神的苦痛というのは、最初から成功もしなかった人よりも、一度成功した人が一気に成功を失ったときの方が大きい。大学を休学していたこの学生は精神崩壊し、鬱病と不眠症になって親元の自室でビニールをかぶって自殺した。

 

【ここでしか読めない!】『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』のバックナンバーの購入はこちらから。

 

「投機に資金」が失敗したら「資金の投棄」に

私は全財産の90%をアメリカの株式市場に投じているので、アメリカの株式市場が崩壊したら私の財産も一緒に崩壊することになる。

では、アメリカの株式市場は暴落しないのか。先のことは誰にも分からないが暴落の可能性はゼロではない。

金融市場では10年ごとに巨大な暴落が来ているのだから、近々リーマンショック級の暴落が来たとしても何ら不思議なことではない。

ドナルド・トランプ大統領は中国に対して貿易戦争を突きつけており、中国が在中アメリカ人の出国を禁止するという措置で対抗しているのだが、こうした貿易戦争は投資家に恐怖を与えて相場を乱高下させる。

しかし、私の保有しているアメリカの多国籍企業群は、そのどれもが莫大な利益を計上しているので、相場が暴落したからと言って何が起きるわけでもない。

高配当の企業に投資しており、相場が暴落すれば、むしろ配当再投資で株数を余分に増やすこともできる。私は相場の下落に対して耐性があり、下落したからと言って動揺する必要はまったくない。

数年に渡って市場が低迷したところで、「長期保有」なのだからまったく何の問題もない。しかも、信用ではなくすべて現物で保有している。

借金と名がつくものは、クレジットカードを含めて何もない。私自身は資産の25%は借金をしても良いと上限を決めているのだが、意味のない借金は愚かなので今のところはゼロだ。

私の資産は言ってみれば、100%流動資産である。これは自然にそうなったのではなく、私は「意図的」にそうした。

資本主義社会で、私のような社会に属さない野良犬のような人間が「したたかに生き残るにはどうすればいいのか?」を考えた末にそうなった。

本来、投資というのは相場が吹き飛んだら終わってしまうようなものであってはならないはずだ。ビットコインの暴騰と暴落に翻弄される人たちを見て、私は改めてそう思っている。

どのような投資や投機をしようと人の勝手だが、将来のある人や家族を抱えている人は、堅実な投資をした方がいいのではないか。「投機」に資金を投じることは、下手したら資金の「投棄」になってしまうこともある。(written by 鈴木傾城)

 

このサイトは鈴木傾城が運営し、絶えず文章の修正・加筆・見直しをしています。ダークネスを他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

本来、投資というのは相場が吹き飛んだら終わってしまうようなものであってはならないはずだ。ビットコインの暴騰と暴落に翻弄される人たちを見て、私は改めてそう思う。

 

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

ギャンブルカテゴリの最新記事