私たちの99%は富裕層の両親を持っていないが何も問題ない

私たちの99%は富裕層の両親を持っていないが何も問題ない
(この記事はメルマガにて全文を読むことができます)

資本主義に最適化された存在は企業であり、その中でも収益力が高い企業は上場された企業であり、さらにその中でも圧倒的に強いのは多国籍企業である。この多国籍企業の中で高収益を上げているのが業界上位の企業であり、この上位の企業が何年も高収益を維持しているのであれば、それは投資に値する企業であるということだ。

特に、上位の多国籍企業が業界を独占するような勢力を持っていたり、比類のないブランド力を有していたりすると、この上位の企業を突き崩すのは、その業界でパラダイムシフトが起きない限り不可能だ。

だから、こうした企業を見つければ、安い値段が付けられている時や、それほど株価が過熱していないと思う時に買って、長く保有しておくだけで報われる可能性が高い。

優良企業が毎年のように高収益を叩き出すと、それは配当で株主に報い、自社株買いで株主に報い、さらに増配で株主に報いるので、長く持てば持つほど有利になる。

逆に言えば、こうした企業の株式を保有しないというのは、より苛烈な資本主義の世界の中で「どんどん不利になる」ということをも意味している。場合によっては、格差と貧困のどん底の中に突き落とされて生き残れない可能性もある。

私たちの99%は富裕層の両親を持っていない

フォーブスの長者番付けの上位は、すべて成功した企業の事業家とその家族で占められている。「その家族」というところに注目して欲しい。

成功した事業家の妻や子供たちは、別に事業の才能を受け継いだわけではない。あるいはCEO(最高経営責任者)の地位を受け継いだわけでもない。

彼らは何を受け継いだのか。

それは、成功した企業の「株式を受け継いだ」のだ。莫大な株式を受け継いだ結果、事業の知識も能力も人脈も何もないのに富裕層として君臨できる。

そして、受け継いだ企業の経営はプロの経営者に任せ、自分は配当と株価上昇によって実を得る。

つまり、才能は受け継がなくても株式だけを受け継いで、事業が成功している限りそれを保有しておくことで莫大な資産をより増やすことができるのである。

ところで、私たちの99%は富裕層の両親を持っていないので、受け継ぐ株式がない。

では、どうするのか。話は簡単だ。今すぐ株式市場に向かって今後も成長する超優秀な企業の株式を「自分で買えばいい」のである。

市場は開かれている。そこでは国籍も年齢も性別も性格も学歴も職歴も身分も問われない。普通株であれば、誰でも欲しいものを手に入れることができる。

だから、自分の両親が富裕層ではなくても、自分でそれを買うことで、資本主義のパワーを手に入れることが可能になる。

100万円で株式を買っても、年間配当はたかが2万円だか3万円くらいしか手に入らないので、それが「パワー」であると感じられないかもしれない。

しかし、1000万円の株式では年間配当率3%で30万円の配当となり、1億円では300万円の配当となり、10億円では3000万円の配当となる。

私たちの99%は富裕層の両親を持っていないのだが、そうであればこそ、「絶対に何が何でも」ここに気付かなければならないのである。

・・・

(メルマガの登録は以下を参考にして下さい)


この記事はメルマガにて発行され、メルマガにて全文を読むことができます。1週間に1度、日曜日にメルマガでの発行を行っております。

過去の配信は、こちらをご覧下さい。

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編については、上記の画像をクリック、もしくは、こちらをご覧下さい。発行に至るまでの経緯等についてはこちらに書いております。

【ご注意】

ご登録頂いてメールが届かない場合、こちらにてお問い合わせ下さい。再発送等も、こちらで行います。

http://www.mag2.com/info/renew/webmail.html
読者さん窓口:reader_yuryo@mag2.com

鈴木傾城 – マネーボイス掲載記事一覧

http://www.mag2.com/p/money/169957

http://www.mag2.com/p/money/36584

http://www.mag2.com/p/money/221210

http://www.mag2.com/p/money/268446

http://www.mag2.com/p/money/258744

http://www.mag2.com/p/money/250304

http://www.mag2.com/p/money/246739

http://www.mag2.com/p/money/240570

http://www.mag2.com/p/money/233224

鈴木傾城のDarknessメルマガ編

CTA-IMAGE 有料メルマガ「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」では、投資・経済・金融の話をより深く追求して書いています。弱肉強食の資本主義の中で、自分で自分を助けるための手法を考えていきたい方、鈴木傾城の文章を継続的に触れたい方は、どうぞご登録ください。

メルマガカテゴリの最新記事