米中新冷戦

「中国には投資すべきではない」というのは、ますます重要な認識になってきた

アメリカの株式市場が暴落している最中では気づかないかもしれないが、最も大きな傷を負うのはアメリカではなく中国であることは言うまでもない。そして次に傷を負うのは中国に関わりの深い日本・韓国・東南アジア・ドイツ・南米である。とすれば、新型コロナウイルスの混乱の中でどのように動けばいいのか分かるはずだ。(鈴木傾城)

中国が犯している「7つの大罪」。中国が経済焦土化されるのは避けられない

中国はアメリカとの貿易戦争を抱え、さらには香港の暴動を止めることもできない。今後も国内の不良債権問題が次々と火を噴き、人権問題でも世界中から攻撃されることになる。中国のような非合法な犯罪国家が最終的に全世界に君臨するというのは「あり得ない」話だ。(鈴木傾城)