ハイテク

タブレットのスタイルに慣れて徹底的に使いこなせた方が未来のために役に立つ

時代から取り残されても特に問題はない中高年は別にして、これから未来を切り拓いていく必要がある若年層は、パソコンみたいな時代遅れなものに注力するのではなく、誰よりも早くタブレットのスタイルに慣れて、徹底的に使いこなせた方が自分の未来のために役に立つ。(鈴木傾城)

人工知能によって文章が大量生産され、コモディティ化していく未来を自覚せよ

最適なアルゴリズムが与えられたら、人工知能は人間に変わって適切な文章を大量に生産できる。人工知能のアルゴリズムが強化され、バージョンアップされ、洗練されていけば、文章の大半は人工知能が書いたもので埋まることになる。そうなれば、「文章で書かれた成果物」は完全にコモディティ化する。(鈴木傾城)

世の中を見るためには、テクノロジー・リテラシーは必須の世の中になった

人工知能は、今後さまざまな部分に搭載される。ヘッドフォンにもメガネにも間違いなく搭載されていくだろう。また、私たちが今は誰も気づいていない部分にも人工知能が搭載されて世の中を変えていくはずだ。次のイノベーションは「今ある何かと人工知能を組み合わせたもの」で起きるのは確実なのだ。その「組み合わせ」で最も社会に必要とされ、莫大な利益を手に入れた企業が次の時代の巨大企業になっていく。(鈴木傾城)

着々と迫り来る人工知能の時代。ハイテクの知識武装で恩恵をフルに受けよ

これから私たちが見る「未来」は、今までとは次元の違うものになっていく。こうした時代には、裏側で何が起きているのかまったく知らないし関心のない人でも人工知能の恩恵を受けることができるが、より恩恵を受けるには私たち自身も知識武装が必要になる。(鈴木傾城)

スティーブ・ジョブズを失い、ジョナサン・アイブも消えていくアップル

アップルはその創業から現在まで、ハードウェアとソフトウェアが一体化したシンプルで使いやすい製品で時代を切り拓いてきた。 その製品は時には工業製品と思えないほど美しく、そしてソフトウェアは複雑なことを限りなくシンプルに見せることでユーザーを惹きつけてきた。 この類い稀な企業哲学を生み出したのが創始者スティーブ・ジョブズだった。 当初からジョブズの美意識は徹底されていたのだが、その美意識が会社を混乱さ […]

アドビシステムズ。プロ市場を独占支配している脅威のソフトウェア企業

普通の人はアップルやフェイスブックやグーグルやアマゾンがいかに驚異なのかを知っている。それは、これらの企業の製品やサービスを日常的に使っているからだ。また、マイクロソフトも知らない人はいないだろう。 しかし、クリエイターにはなくてはならないソフトウェア製品を作り、長年に渡って市場を独占しているのに、普通の人にはあまり意識されていない企業がある。当然、クリエイター的能力がゼロの政治家連中もほとんど知 […]

新時代の悪夢と、アップルが打ち出した「Sign In with Apple」の重要度

私たちの社会はスマートフォンによって文明の再構築が為されている。電話も、音楽も、テレビも、買い物も、決済も、情報収集も、コミュニケーションも、いまやすべてがハイテク産業が掌握した。 このスマートフォンは、アップルとグーグルがOS(オペレーティングシステム)を開発し、独占している。そのため、全世界の人々の個人情報はこの2社に集約されていると言っても過言ではない。 さらに、現代ではSNSも重要な基盤に […]

「GAFA」という現代の神は、巨大になりすぎて今ひとつの転機に立っている

私たちは誰もが、グーグル・アップル・フェイスブック・アマゾンという4強の製品やサービスを便利に使っている。全世界の人間が、この4つの企業に生活を委ねていると言っても過言ではない。 この4強のことを、それぞれの頭文字を取って「GAFA」と呼ぶのがならわしになっているのだが、GAFAの強大さはこれからずっと続く可能性が高い。 なぜなら、もはやこれらの企業のスケールに太刀打ちできる企業は世界中どこにも存 […]