長期投資

一気に儲かるのが良いのか、長期で確実に資産が増える方が良いのか?

人間でも動物でも、ありとあらゆる生物は、赤ん坊が子供になって大人になって老いていく過程から逃れられない。 赤ん坊から子供へ、子供から大人への過程で、生物はどんどん成長していくのだが、ある程度まで成長したら、すべての生物はどこかの時点で成長が止まる。 至極当たり前の話なのだが、「永遠に成長し続ける存在はない」というのは森羅万象の現象である。 興味深いことに、これは企業にも当てはまる。企業は動物と違っ […]

貯金したら負けだ。日本人は資産について合理的に判断していない?

日本の個人金融資産の50%は預貯金・現金で、28%近くは保険である。 一方で、日本人の金融資産における株式の割合は10%に満たない。日本人は明確に株式を持たない民族なのである。その理由ははっきりしている。 株式はリスクがあると思われているからだ。 株式は言うまでもなく、元本が保証されない。また怪しげな会社に投資し、その会社が消滅してしまえば、それこそ資産そのものがゼロになる。 日本人はそういった不 […]

出口戦略は考える必要はない。金の卵を生むガチョウの腹を切り裂くな

株を安く買って高く売るものであると考えていると「出口戦略」が必要になる。出口戦略というのは「いつ売るか?」という部分を指す。 もし、アメリカの高配当優良企業に投資しているのであれば、実のところ「出口戦略」はまったく必要ない。なぜなら、こうした企業の株式は安定的に配当が入り、さらに配当額は増えていくことが確約されているからだ。 アメリカには30年以上に渡って連続配当しているどころか、30年以上に渡っ […]